遠隔クラス参加者用記事 視覚化、聴覚化、触覚化、嗅覚化、味覚化、言語化

  • 遠隔クラス参加者用記事 視覚化、聴覚化、触覚化、嗅覚化、味覚化、言語化 はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

共感覚は誰もが持っている。
スコトーマを外すだけだ。
スコトーマの外し方。
あなたがめがねをかけているとしますね。めがねのフレームは一日中物理的(視覚的)には見えているのに、いつもは見えていないですよね。
見えてないのに、見えた気になっているということ。
同時に、見えているのに見えていない気になっていること。
聴覚。
あなたの周りで今、音楽がなっていますか?話し声が聞こえていますか?空調などの音が聞こえていますか?それ以外の音は聞こえていますか?外の音は聞こえていますか?
そして、貝殻に耳を当てるとさざ波のような音が聞こえてくると同じように、、、実は、、、キーンというような、サーっつというような”耳鳴り”はいつも聞こえています。
そして、心臓の音も、内臓の動く音も聞こえているはずです。
これも、スコトーマにいれて重要性が上がったときだけ聞いているのです。
では、聞こえないものを思い出してみましょうか。
あなたの学生時代の校歌(小学校でも中学校でも構わないです。)を思い出せますか?歌詞は忘れてもメロディは思い出せますか?
それです。それが、聴覚化のときの音です。
聞こえていると、思っているだけです。
あとは、臨場感の強弱ですね。
カレーライスのにおいと味を思い出せますか?
梅干とか、、、レモンとか。
レモンの質感ってヒヤッとしてますよね。
どれくらいの重さか、想像のなかで持ってみて下さい。
さて、レモンのにおいを思い出せますよね。
それです。
それ以上の臨場感はありません。
または、その臨場感でOKとして、そこから始めて下さい。
なんてことはありません。
記憶です。
そして、においを思いだす感覚でOKです。
マジックボールは僕の記憶から開発しています。
カラクリをあなたが知ることで、もっと使いやすくなります。
難しく考えると、どんどん難しくなります。
なあんだ!
出来てたでしょう?
まさ

  • 2011 12.20
  • 遠隔クラス参加者用記事 視覚化、聴覚化、触覚化、嗅覚化、味覚化、言語化 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ