トルークが帰った後も重さの臨場感はバッチリです。

  • トルークが帰った後も重さの臨場感はバッチリです。 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

見事なフィードバックです。
これがフィードバックです。フィードバックは自分のエフィカシーをあげるためだけに書いてください。過去を反省することには、未来をよりよいものにしていく以外のことに使ってはなりません。
ビフォアーアフターです。
アフターがよくても悪くても、こじ付けでも勘違いでも、最後はだから未来の私は理想のゴールの世界にいるんだー!という結論にしてください。シンプルに。言葉に意味なんかなく、数学すら不完全で、アプリオリ(神や運命などの絶対的なもの)の証明は済んでしますし、論理なんて完全じゃないのですから、どうせ自分が勘違いするためなので、シンプルにこじつけてください。
R揺らぎです。
同じことです。
確かに変わったねという、リアリティを揺らがせるのです。
ホメオスタシスは、変わった現実を見ようとしません。
見えないのです。
まさワークスでは、匿名掲載を前提としてフィードバックをお願いします。
もちろん、いやな人はほかのもっと優秀な気功師がたくさんいるはずです。
本人のためだけの情報ならば、ほかの方には価値がありません。
他の人にとってはゴミです。などと失礼と思いつつ暴言を繰り返してきました。
しかし、フィードバックのブログ掲載は、一番は本人のリアリティを揺らがせるためにあります。
自分の投稿(フィードバック)が、blogに掲載されること、それを見ることは動かぬ証拠となります。
ビフォアーは忘れてください。アフターが新しいあなたです。
アフターですらも、ゴールへの経過にすぎません。
一瞬よろこび、そして、現状を不服として、さらに遠い遠いゴールを見つめてください。
そのあなたが本当のあなたですよ。
わかりますか?
伝わりましたか?
あなたは、一瞬たりとも同じ人ではないのです。
わかります?
そして、この同じ遠隔を受けた方とのLUBを組んでください。
遠隔クラスというフレームにはめたのはそういう意味です。
同級生ですよ。
あなたと同じ授業を受けたのですよ。
あなた自身だとおもって読んでくださいね。
あなたのゴールに照らし合わせるのです。
この画面の向こうに、あなたのゴールがある感じです。
そうです。それは、あなたのイマジネーションです。
物理世界と情報(想像)を重ね合わせているだけです。
あなたが自由に書き換えているだけです。
人の作った物語に書き換えられてしまうのが、スピリチュアルの恐いわなです。
(引用開始)
一斉遠隔ありがとうございました。
マジックボールのフィードバックです。
今回のアップデートの重量感いいですね!
まささんのブログの更新を見て、伝授前の重さを感じてみたら羽毛のような軽さでした(笑)
伝授後、早速重さをイメージしてみると肉まんくらいの重さ。
熱感もじわっと感じました。天井に向かって手を伸ばし、大きな玉を作ってみるとぐぐぐっと重さで手が下がってくる。(重力があるので手が下がるのは当然ですが)
玉を重力にしたがって落ちるように顔にベトッと落として遊んだりしてました。
重さが加わると感触の臨場感がレベルアップしますね。
今までは視覚化にこだわっていたので重さも含めた感触も同時にやっていこうと思います。
(視覚化は白いもやもやは見えるようになりました)
トルークもありがとうございました。
肩から背中へ強烈な脱力ですね。トルークが帰った後も重さの臨場感はバッチリです。
またフィードバック送ります。
(引用終了)

言う事は、ありませんね。
このボール、何に使うのですか?と質問する方がいます。
同じ質問を返したくなる衝動を抑えつつ、お答えします。
A:あなたのゴールに使ってくださいね。
しかし、するとどうやって?という質問が聞こえてきそうです。
うーん、やはりこう答えるしかないですね。
A:使い方はあなたが考えるのですよ。
自由とは、時に不自由なのですね。自分で考えなければならないのです。スピリチュアルや宗教、何とか道とかは、あなたを強制しますが、楽ですねー。
正しい道があって、教えて導いてくれます。
先生の思うとおりに動くと先生はほめてくださいます。
先生の思惑から外れると、先生は道を正してくださいますね。
楽ですね。自分で考える必要はありませんね。
楽です。
それが、いい人は、それでいいと思います。
お互い、議論するのは不毛です。
しかし、そこに気がついた人だけがこのブログを見ればいいと思います。
いずれにせよ、あなたはこのブログを見る自由も見ない自由もあるのです。
まさ

  • 2011 12.12
  • トルークが帰った後も重さの臨場感はバッチリです。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ