いまさらですが、脱力とダイエットの質問です。

この記事は3分で読めます

(引用開始)
質問です。中途半端に纏めないでといわれるかもしれません。いまさらですが脱力とダイエットの関連は
1.脱力→IQアップ→ダイエット
2.脱力→余計な筋肉がなくなる→ダイエットの2つの効果からですか(効果とか書くのはダメでしたっけ?)
(引用終了)

LUBに対して答えますね。よい質問ですね。
まず、上記の理解でもOKです。IQアップ→脱力→ダイエットでも、ダイエット→IQアップ→脱力でもあると思います。
つまり、順不同です。同時並列的に起こります。
質問は、脱力とIQアップとダイエットの因果関係についてですが、どれが原因でどれが結果ですという、因果関係というよりもやはり相関関係です。
シリアル(直列的)な論理でなく、パラレル(並列的)に理解されるといいと思います。
つまり、to become (になる)ではなく、to be (である)という臨場感を丸ごと感じるのです。そのほうが簡単です。もちろん、説明するときは何が先に出てきても無意識がつなげられますのでやってみてください。
中途半端にまとめないでとは言いません(先に言われたので^^;;)
力を入れると筋肉は鍛えられて強く太くなるということ。
沢山の食べ物を摂取し、運動しないで消費するカロリーを減らすこと。
つまり、食べて運動するとムキムキマンになるし、食べて運動しないとポヨンポヨンになります。
なので、まずは小食が第一です。
そして、筋トレをするとムキムキになって、小食は継続困難になります。筋肉量が増えるので、基礎代謝が上がります。無酸素運動は、解糖系のエネルギー産生手段を使うので、炭水化物や糖分の大量摂取が不可欠です。
また、全く運動しないで食べるのは、単なる食べすぎです。しかし、筋トレをしないので、余計な筋肉はつきませんが、脂肪になりますのでポヨンポヨンになってしまします。
だから、必要最小限だけ食べたら良いです。
お腹が空いたときのウォーキング(有酸素運動)が蓄えた脂肪を効率的に燃やします。(空いてないということは、食べたばかりのエネルギーを使います。)
糖尿病は、血中の糖分が血管を傷つけたりして壊疽や失明を初めとする様々な合併症をおこすので怖い病気なのですが。しかしながら、別の側面からすると食べても食べても太らないように進化したともいえるそうです。食べすぎなのです。
このような知識は知っているだけではだめでちゃんと頭に入って行動がかわってくるIQがなければだめです。
同じ行動でも、空腹に(無意識が)飢餓の恐怖を感じるか、高い抽象度で理解してむしろ歓迎して快楽を感じることができるかどうかが問題です。我慢をすることがダイエットではありません。
しかし、糖類に対しても塩分に対しても、中毒の度合いによっては相当な我慢になってしまうのです。とくに、精製された真っ白い上白糖や食塩などは、ドラッグと同じように甘味やしょっぱさを感じる部分だけを精製したものなので、脳が暴走して食べすぎるのです。
だから、フルーツを食べたり、野菜や発酵食品を初めに多く、ゆっくりと食べるのです。
そして、フルーツを食べるときは朝食などにしてフルーツだけを食べることをお勧めします。(僕はヨーグルトの中に入れて食べますが)それは、フルーツは胃の中の滞留時間が20分ほどと短いからです。
この2つが太るための原因です。
しかし、しかし上記はただの理屈です。痩せるのはそんなことではないのです。あなたは無意識に支配されているのです。
抽象度を上げれば、あなたが痩せている(太っている)のならば、それはホメオスタシスがはたらいているからですよね。
つまり、IQを上げて臨場感を痩せている自分に変えるのです。遠いゴールを作るのです。その先のゴール、痩せた後のゴールです。
それが、なければ、ダイエットのためのダイエットです。トートロジーですよね。痩せたいので痩せる。何故なら、痩せたいから、、、。は?ですよね?
痩せるには、抽象度と臨場感です。
認知不協和がなければ、ダイエットなど不可能です。
強烈なゴールがなければ、強烈なゴールへの切望感がなければなりません。
あと、300グラムやせたい!今の自分はおぞましいと思わないとダメです。どうしてもバストアップしたい!と思うことです。
諦めたり、妙に満足していたり、あと少しだけ痩せたいのよねー。っていうノリなら一生痩せません。
そして、IQなどなくてもwant toさえあれば勝手に上がります。創造的無意識がはたらくからです。無意識でゴールを追いかけ始めます。
だって、無意識が満足しているので、絶対に気功は効きません。それは、ホメオスタシスフィードバックにあうからです。
病気も無意識の表現です。あなたに自由意志などないのです。ゴールもなしに自由意志が無意識に勝てることなどないのです。
自由意志ができることは、無意識に始めた行動を止めさせることです。しかし、ゴールもない人は、意図(ゴール)をもった人間に勝手に情報をインプットされて行動を支配されます。それがTVコマーシャルだったり、リーダー的な友達です。
さて、裸になって、鏡を見て、、、それはあなたですか?理想のあなたがそこに立っていますか?
理想の体をどこかで手に入れてください。あなたは本当にその姿になりたいと思いますか?
(僕は、正直あなたのことなのでどちらでもいいですけれども。勝手に太ったり勝手に美しくなってください。)
あなたは、常に自分を自分の理想の自分として観るのです。自分自身で勘違いしてください。狂信的に。ちょっとでも違ったら(大分違うはずですが)どうぞ、青ざめて下さい、かんしゃくを起こして下さい。そして、IQを上げて下さい。
わかりますか?
つたわりましたか?
殆んどレファレンスを読まない人は、want toなどないのかもしれません。僕がいいたいのは、あなたが好きなことを今するべきだということです。
これが、まさワークスです。
まさ(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ