(追記)ピンポイントヒーリングのコツです。頭が痛い、舌が痛いなど

この記事は1分で読めます

ピンポイントヒーリングのコツは、その部位にこだわらないことです。
むしろ、そこを避けて全身、心、周辺から働きかけることです。抽象度の高いレイヤーです。
舌を治したい人は、全身。膝を治したい人は足のほかの部位もという具合です。自分を治したい人は、他の人のヒーリングをしてみる。(自分と一緒にLUBでヒーリングされます。)
セルフヒーリングの場合は特に、いかに気をそらすかということは重要になります。
僕などは大周天を回すと治ったりします。いつも言いますが、速読をしても、治りますね。速読がアンチエイジングの気功のトリガーになっているのです。Rにあげているからです。
一番は他者に対してヒーリングしていると、図らずもどんどん気がつくといろいろと治っていきます。
まさ
ちなみに、僕の2010年度の11月のメモが手帳に残っているので書き写しておきますね。
その当時の僕の症状なんですね。クライアントさんがこんなに症状を書いてきたら圧倒されますよね。
でも、その3ヵ月後にはセミナー講師、半年後にはヒーラーとしての本格開業していました。それに、まだ本格的にヒーラーになったのは5月という認識なので、、、一年経っていません。
・高血圧
・頭痛(高圧感)
・耳痛い、耳鳴り
・メタボ
・偏頭痛
・胸部圧迫感
・胸と首にどんどんシミがひろがる
・アトピーのような”はたけ”が左右の腰、お尻、あし、全身に、、、
・肌荒れ
・動悸
・歯痛(歯医者には問題ないといわれる)痛みは移動する
・倦怠感・つかれやすい
・不眠
・股関節痛(車から降りるとき両足でしか降りれない。)
・恐怖心(心臓止まらないか)
・不安
・脂肪肝。たまに腹痛、肝臓のあたり

笑えるでしょう?
抽象度あげれば、ストレスと無知と怖がりすぎです。
もう、治っています。

まさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事