「下丹田からシュワーっと」まさ式大周天のフィードバック十傑に^^

とにかく、秀抜です。
(引用開始)
大周天伝授のフィードバックです。
伝授中
下丹田から全身へと泡立つ。
泡が音叉のように響き、広がる。
共鳴する。
とにかく範囲を大きくしてみる。
身体の境の意識はもうない。
でも、これではただ自分が大きくなっただけなので、情報身体としての私たちを意識。
未来のゴールまで行ってしまえ!
もうなんだか分からなくなる。
(引用中断)
まずは、まさ式大周天の感覚は自我がゆらぐということです。
気泡の感覚が特徴的ですが、動きが一定方向には感じなくて正解です。
とまっているように感じたり、あるときは上から下へ感じます。
そう、浮遊している感じがしますね。目を軽く閉じてみるのもよいです。
閉じたままでやっていた人は、今度は途中で目を開けてみて下さい。
ちゃんと続けられるでしょう?
(引用再開)
フルーツボールを作ってみる。
あれ、手応えがない。
これは気の出力にセンサーが追いついてないだけ。
だからあると思って額に入れる。
(後で感じられるようになりました)
宇宙にまで楽に飛べるほどのエンジン。
上品なエンジンフィールを楽しむ。
やっぱ気持ちいい。
遠隔後トリガーを組んでやってみました。
下丹田からシュワーっと泡立つ。
まだ弱い。
気功洗脳術のCDをかけてやってみる。
音楽と共鳴して全身に広がる。
やっぱり音叉のイメージ。
よし、出来た!と、ほっとしました。
自分で出来るか不安だったので^^;
(引用中断)
すごいですね。
自分でアレンジに入っていますね。
とにかくいろいろ試して下さいね。
(引用再開)
身体の中で泡が止まるところがあったので
泡で吹き飛ばす。
記憶にある暗いところも大雑把にだけど吹っ飛ばす。
この体感は圧巻ですね。
伝授していただいてよかったです。
あとはこれを何に使うかですが、、、。
無意識に質問したところ、
『全てに』と返答があったようなので
あー、だよね(笑)
(引用終了)
すばらしい、大雑把でもこれが、情報空間の感覚です。
最高です。
伝授してよかったです。
そう、全てに使って下さい。

Follow me!