いつもの私じゃないみたいに、テキパキと仕事がこなせて、しかも疲れ知らずです。

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

養成講座のフィードバックです。
わずか2日目で遠隔気功ができるとは、、、今まで気功をやられて来た方にとっては衝撃かもしれません。
シェアしましょう。
(引用開始)
今日は、ゆっくりうけるはずが、急遽 祖母に、年越しソバを作る手伝いに借り出されて、集中してというわけにはいかなかったことをお許しくださいf^_^;)
でも、私なりに気持ちは、ハリーの皆様とまささんに向けていました。
時間になると、手足にピリピリッとした感覚を感じました。そして、なんとなく お腹の辺りが暖かくなった気がしました。
そして、後半は お腹がグルグルと動く感覚。
その後はそば打ちは、かなりの重労働だったのですが、何故かいつもの私じゃないみたいに、テキパキと仕事がこなせて、しかも疲れ知らずです。
(引用終了)
気功の気感は、同時進行で自分の身体に感じたことを意識に上げるかどうかですが、気感は全くない方もいます。
ただし、その後の変化にはなんら影響はありません。
無意識の書き換えなので、本来は気功は非言語でなかなか意識には上がりづらいものです。
感じようとしてもなかなか感じられない方も多いです。
もちろん、ヒーラー側もクライアント側もです。
そして、伝授の場合も同じです。
ちなみに、恥ずかしながら(別に本気で恥ずかしがってはいませんが^^)僕は伝授のときはあまり気感を感じないほうだと思います。
特に抽象度が高い技にはまるでノーカン(?)ともいえるときすらあります。
しかし、伝授された気功技術は無意識がトリガーとともに記憶していますので、有効です。
お間違えなきよう。

  • 2011 12.31
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事