コラーゲンの入った食品と化粧品の功罪

・コラーゲンを食べるとお肌つるつるぷるぷるになると信じているバカがいる。
・コラーゲン入りの化粧品を肌に塗るとお肌にコラーゲンが浸透してこれまたお肌つるつるぷるぷるになると信じているバカがいる。
バカな国民をつくるのは、マスコミであり業界でありお抱え科学者達なのである。
バカはバカで居続ければ確かに幸せなのかもしれない。
僕が、バカだった。バカとは言いすぎなことくらい知っているが、そういいたくなるほど、知らなかったことに憤りを覚えた。
そんな、、、と思った。
俺は、、、またしても業界に洗脳されたバカな国民の一人だったんだ。
僕の一人芝居はさておきです、、、。
知らなかったあなたも、僕のように○○から抜け出すチャンスです。
食べたコラーゲンは、消化されるとばらばらのアミノ酸になって吸収される。消化されなかった部分は排泄される。
吸収されたアミノ酸は、血液によって全身に運ばれるのだが、残念ながら必ずしもコラーゲンにはならないそうだ。むしろ、元コラーゲンだったアミノ酸で、またコラーゲンを生成するために使われることはほとんどないといったほうが良い。
身体は、必要なコラーゲンを作り出すときは、ただ血液中にある必要なアミノ酸を取り込むだけ。
ついでに、その他の食べ物も同じだそうだ。保持していた情報は、消化された段階で完全にばらばらに解体されてしまうのだ。
それから、コラーゲン配合の化粧品だが、肌から直接コラーゲンが吸収されることは【ありえない】。
コラーゲン配合の化粧品で、つるつるになるのは、単純に肌のしわにヒアウロン酸、尿素、グリセリンなどの保湿剤が埋まっただけである。
化粧品会社が広告などに書いてある皮膚のモデル図に、どんどん化粧水などが浸透していくかの様な図がかいてあるが、あれはイメージ図であると描いてあるか、微妙に肌の表皮のところでとまっているように描かれている。
もともと、ほとんど全てといってよい位の化粧品が、界面活性剤によって肌をピーリング状態のような危険な状態にすることで、見かけ上の健康風な肌に仕上げているだけである。
アンチエイジング気功で、美肌と美髪を真剣に目指す同時に、美容整形気功(効果の程は個人差がありますので、当たり前ですが)、、、これらは見せかけだけではない。
IQやエフィカシー、そして腸内細菌叢にまで働き掛ける、本物のアンチエイジングである。
まさ
動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか/福岡 伸一

¥1,600
Amazon.co.jp

Follow me!