ヨガの「クンダリーニ」気功の「大周天」で「クンダリーニ大周天」

  • コメントは受け付けていません。

この記事は3分で読めます

まさワークスに、「クンダリーニ大周天」という気功技術(アプリ)があります。

クンダリーニとは、クンダリーニヨガでいういわゆる「クンダリーニ覚醒」です。

気功の文脈では気にあたるプラーナをチャクラにそって、第一チャクラである会陰のあたりのムーラダーナチャクラから、第6チャクラのアジナチャクラ或いは伝統的には頭頂の第7チャクラまであげて、身体から外へ出すというものである。

ちなみに、第7チャクラは気を抜く程度の意味にしか僕はあつかっていません。

額のアジナチャクラは、気功でいう上丹田と同じですし、進化の過程で高度に発達した前頭前野の松果体に近い部分です。

この第6のチャクラの方からプラーナであれ気であれ、出すというのがまさワークスの大周天であり、クンダリーニということになります。

もっとも、気というのは認知エラーに過ぎないという説明を何度もしていますが、その文脈で言えば、大周天、クンダリーニというのは、自分の物理的身体よりも外側に情報身体を広げるという解釈です。

その抽象度でみれば、アジナチャクラのみから気が出ているということは必ずしも言えません。

情報身体が巨大化する。これだけです。

それぞれの、パラダイム或いは知識の違いによって、臨場感を感じる抽象度が変わりますので、ワークをするときには自分が一番臨場感を感じるパラダイムで考えて結構です。

では、まさワークスで「R大周天」とも「クンダリーニ大周天」とも呼んでいる大周天のオンライン気功スクールでのビデオワークの感想を掲載します。

深ーい深い、変性意識ですが、もちろんIQも高まります。思考は冴えるという意味です。

これは、僕の先生の中のお一人から、実際のあるパフォーマンスライブに参加させて頂きながら、そのその巨大な、情報身体でおきている活動をさせて頂いたものです。

(引用開始)

こんばんは、◯◯です(^^)

まささんと同調しながら一緒にしてみると、手がジンジン発火してきました。

最初は胸椎、頸椎がスースーするなと思ってたら突如腰に雷玉のような大きな気のたまが現れ
ゆっくり、ほんとゆっくり昇っていきます。

上昇するときは中からバリバリと筋肉が剥がれるような音と痛みあり。

涙がボロボロでてきます。
身体も脱力してます。

パートナーが笑い出しうるさいので終了…(笑)

ぐっすり寝れそうです☆
(いつもぐっすりですが^^)

(引用終了)

別の方からです。

(引用開始)

こんばんは、◯◯です。

「R大周天」(「クンダリーニ大周天」)やばいです。今ビデオみました、二回。

こんなに体感、変換あったのは、初めてかも知れません。字もちゃんと打てないほど変性意識深いです。

僕の場合、とりあえず涙とあくびがが止まらず、笑いも止まりません。

パートナーと見たのですが、彼女は背中から電気玉が、あがってくるらしいです。

これはちょっと半端ないです。明日も引き続き発火して、フィードバックします。今日はここで失礼します。

(引用終了)

さらに別の方からも

(引用開始)

こんばんは◯◯です。

 まささん、このT博士の曲、大周天のCD
ですね。本に付いてきたもので何回も聞いています。
何故か前に聞いた時より心地よいですね。
(参考)
<iframe width=”560″ height=”315″ src=”//www.youtube.com/embed/hedn1D966pE?rel=0″ frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
 
(「クンダリーニ大周天」のビデオではまささんが二重に見えました。
 
たしかに…今身体がだるいです。
R大周天(「クンダリーニ大周天」)してみます。
 
足裏からキタキタキターッという感じです。
腰が少し痛いような感じです。
今頭に沸騰したお湯が湧き出るような感覚です。
 
ここ数日頭が重かったので気持ちいいです。
 
ドラキュラも試しましたよ。
 

実験として男性の前でしてみたら、すぐになんか今日かわいいねと言われました。

強力ですね(笑)
 
kids、これもいいですね〜。
子どもが自分の好きなことを私に提案してきたり遊びたがったりしてきました。
最近は受験前で勉強勉強だったのでタイムリーでしたよ。

ちなみに私はあまり勉強しなさいとは言ってません。

あまりに私が躾ていないとダンナが私を怒りますが^^;
 
でも前よりは怒らなくなりましたし、お金の管理も任せてくれるようになりました。
 
突然ですが、おやすみなさい。
眠い…

(引用終了)

はは、寝てしまいましたね。

ちなみに、「ドラキュラ」は話している相手との時間が稠密になり、急接近できる技術です。

「Kids」は、子供に相対するときの自分の考え方や接し方についての技術です。ポイントは、子供を光としてとらえる。(「人格」として扱うというところです。)

もちろん、オンライン気功スクールのビデオの中でも、メールの文章でも説明を加えていますよ。

まさ^^/

更新情報がメール通知されます
読者登録です。


 

  • 2013 11.25
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2011 09.26

    間食。夜食。