かなり、腸のグルグルがコンスタントに最後の方まで続きました。

  • かなり、腸のグルグルがコンスタントに最後の方まで続きました。 はコメントを受け付けていません。

この記事は5分で読めます

一斉遠隔とファイヤーボールのすばらしいフィードバックです。本当によくよく自分の状態を観ています。
気感は、物理的なものではありません。あくまでも、脳の勘違いです。触られてもいないのに、触られているような感じがするのは、勘違いという説明が成り立ちますよね。
すべて、情報に過ぎません。揺れているのも、揺れていると感じているだけです。気が見えるのも、視覚エラーと説明することもできます。
(引用開始)
今日はありがとうございます!
ブログに書いていた、渋谷ライヴの大収穫・・・
大変気になります!
それよりなにより、まずはお昼の一斉遠隔の方のフィードバックですね。
気功からしばらく離れていたせいだと思いますけど・・・
遠隔の際に、びっくりするような気感が感じられなくなっています。
(先日の教室でも。。。)
ただ、始めたころより、日頃の生活の中で頻繁に手先のピリピリを感じています。
あと・・・時折、夜就寝前のことが多いのですが、体の奥からぐらぐらします。
一番最初にこの状態になった時は、天井からぶら下がっているシャンデリアが揺れてないのに、なぜ私が揺れてるのか・・・たじろぎましたが…(笑)
今は理解したので大丈夫です。
無意識の情報が書きかえられているのですよね。
(引用中断)

気功のトレーニングは、共感覚を自在に操作する練習です。書き換えられている立場から書き換えるところへ進めます。
セルフヒーリングですね。自分でIQをあげることが可能です。
もちろん、それがゴールに関係あればです。
ゴールがあると、認識が生まれます。その逆はありえません。このからくりを理解できるとまた前に進みますよ。
気感もトレーニングできます。want to次第です。
(引用再開)
本日の(遠隔気功の)話に戻ります。
時間はあまりよく観察できませんでしたが、始まってしばらくはうっすらとした気感。
7.8分後眠くなり、夢を見ました。結構長い夢。でも内容は覚えていません。
目覚めて時計を見ると、あまり時間がたっていないので驚きました。
また体を観察しますと。。。グルグル。。。
腸が動く。。。
本日かなり、グルグルがコンスタントに最後の方まで続きました。
15分後(時間が自信ありません)くらいでしょうか・・・一度体がすとんと落ちました。
そのあとは、短い時間でしたが、自分一人では感じたことのないような感覚・・・
頭の先から、脚先にわたるまで自分のものじゃなくなったような感じ。。。がしました。
(ただ、この気感も今までの遠隔よりは淡いものでした。)
そして、不覚にもまたここで眠ってしまい・・・また、多分夢をみました。
また、内容は覚えていません。
起きた時は、なんか寒くて・・・集中できなくなってしまいました。
なんか張り切っていたのに、寝てしまったり、気感が薄かったりで。。。
ちょっと残念な感じで、終了でした。
(引用終了)

まず、夢について短くまとめます。夢には意味などありません。夢は脳の記憶の整理です。その記憶のフラッシュバックを無意識が意味づけを勝手に行うだけです。あとから、組み立てているだけです。フロイトもユングもオカルトです。フロイトのおかげで心理学が100年遅れたという説もあるくらいです。もちろん、夢占いもです。たまに心理学者でフロイトやユングにもとづいて夢分析や夢判断などをしている方もいらっしゃいますが、教科書に書いてあったことを妄信しているだけです。(科学も100%が仮説ですし、教科書に書いてあることも含めて、正しいことはひとつも無いのですが。)
さて、フィードバックへのコメントにもどります。
腸のグルグルが続くのは、最高の気感なんですが^^;;うーん。本当にこれが源です。中心です。コアです!すっごーいことですよ。
何も感じていなくても、何も問題はありません。気持ちはわかりますが、まったく残念ではありません。僕のブログを読んでいると、圧倒的にクライアント様の施術中の気感についての記述が多いので、それに対するコメントを読まれている影響ですね。(笑)反省します。大事なのは結果ですからね。体調が改善したかどうかです。
そのためにフィードバックすることが大事なのです。ビフォアアフターですね。改善したことを意識にあげてリアリティを揺らがして、ホメオスタシスを騙して、コンフォートゾーンをずらして行くのです。
しかし、この投稿者の方のゴールがヒーラーレベルまでいきたいと感じられていたり、気功をもっと自分で操りたいと思われているからこその認識であれば、残念というのはわかります。その意味で同意します。
気感を感じるワークの時間をとることです。気の玉で遊ぶことです。なので、ファイヤーボールですね。お、いい流れですね。(笑)
(引用再開)
続きまして、ファイヤ―ボールのフィードバックです。
お昼の事がありましたので万全の態勢でのぞみましたよ。
今回場所はストーブ前のロッキングチェアーにて。
温まる飲み物をのみ、お風呂に入って体を温め、部屋も温度をあげて30分前から気の玉を作る練習開始。
なんとなく大きくなったり小さくできる感じでした。
ただ、途中途中消えるんですよ。
そして迎えた21時!
もうもう、ボールが勝手に大きくなって・・・手じゃなく、腕が重みで拡げられてゆく感じでした。
ぐわ~んぐわ~んとかなり一気にでした。
その時胸の奥が、ぎぎぎ・・・みしみし・・・みたいな音??でもない・・・感覚かな??で開きました。
古い蝶番の木の扉が開くみたいな。。。そんな感じ。
顔はすごくゆるんでいるのがわかり、興味半分で鏡をみたら、凄い顔でした~(笑)
(引用中断)

素晴らしいですね。胸骨まで緩んだのですね。(きしんだ?笑)
ここで、ワンポイントレッスンです。顔は緩んで、筋肉が脱力すると、、、、実はしわが消えます。リフトアップもそれです。それがアンチエイジングです。美容整形のボトックス注射と同じ原理です。あれはボツリヌス菌という毒を筋肉に注射させることによって、麻痺をさせて無表情にさせるのです。計画的局所的な顔面神経痛を作ります。
(肌を引っ張ったりしてやるマッサージやまるで筋トレのような表情筋を鍛える顔の体操はほとんどオカルトの粋を出ていません。)
(引用再開)
その後、なぜか、ふと気功と関係ないことを思い出して妄想してしまいました。
鏡でみた自分の姿と今は亡き大野一雄先生(舞踏家)の舞をダブらせてしまったのです。
いつか、映像で見た大野先生の舞。。。
両手を広げて天を仰ぎ、曲まるまる1曲(愛の夢だったかなあ・・・)そのままの状態でした。
動いていないのに、なぜか惹きつけられる不思議さはとても印象的でした。
私も気功の舞できないかな。。。観に来た人がなぜか癒される舞が踊れたら。。。なんて事を考えて、時計を見たら7分ぐらい!
焦って、ファイヤーボールに集中。
ぐわんぐわ~んがまたまたやってきて、背中にしわがよるくらい胸が開きました。
大きなボールをずっしり受け止めるので肩も下がります。
そして、ここでまた思い出を振り返ってしまったのです。。。
月の舞。。。
(中略)に教えていただいたこと・・・
大きな月を受け止めて踊る舞。。。
「月は重いよ。。。その重みを感じたら肩上がらないでしょ。。。」って。
・・・なぜか、色々思い出しちゃって集中できませんでした。
(引用終了)

Rゆらぎをするためなので、フィードバックは良かった事を見つけたほうが良いです。ゴールに関係あることです。
雑念は仕方の無いことです。囚われない様にしてください。
思い出したりすることよりも、いかにすべての事柄を自分のR揺らぎに有効に使い倒すか!(笑)これです。自分のエフィカシーをあげていくことです。
現状や過去に根拠を求めることは何もないです。究極はゴールに到達している本当の自分の臨場感または、そこに向かっている近未来の自分の臨場感を感じて、楽しんで生きることです。
解釈、意味づけが大切です。
ちなみに、このフィードバックとは無関係ですが、それが占いのカラクリです。ありもしない未来のゲシュタルトの臨場感を占い師によって作られてしまいます。
占いは占い師にお金を払って、ゴールを設定されます。未来はまったく確定などしていません。起こりやすい未来などもありません。しかし、巧妙な占い師は「驚愕法」によってクライアントを一気に変性意識に陥れて、恐怖で支配をします。
コールドリーディングなども単なる技術でしかありません。占い師になるための技術でしかありません。
未来催眠などもオカルトです。科学を語る悪質極まりない冗談です。よくあたる占いはすべて変性意識にいれて、ご宣託を言い渡してクライアントの無意識を操作しているだけです。
ただの洗脳です。よくあたるのは当たり前です。本人の無意識が信じていることを引き起こすだけです。しかし、やっている本人も妄信している場合がほとんどなのが残念です。IQの低い遊びです。IQの低い遊びは健康を害するだけではなく、命にかかわります。僕らの小学生の時分に流行っていた”こっくりさん”と同じだということに気がつくべきです。
占いは統計学でもありません。統計として信頼に値するような科学的な調査など行われたという学術論文などどこにもありません。ま、統計だとしても過去の統計が未来を保障するものは何もありません。占いは単なるオカルトです。おみくじも、小額の詐欺か悪い冗談です。血液型も信じてるからあたるだけです。そして、信じているから書いてある通りに行動します。血液型占いを国民的に信じているのはこの国だけです。
占いが危険なのは冗談半分でもそれを無意識が信じてしまうことです。(無意識どころか本気で信じてる人も多いですが)
ポイントは、良いことを数えるのです。そういう質問を常に自分の無意識にします。悪いことを探すゲームはする必要がないのです。
未来は自分で決めることです。現在も過去も自分で決めることです。
運やツキなど、あるはずもないのですが、便利に使うとすれば「どうして私はこんなについてるのか?運が良いのか?すばらしいのか?」という質問を常にし続けてください。
良い理由を探すのです。自分に対しても、子供に対しても、他人に対してもです。(危害を加えてくる他人は除外しますよ)
すべてはゴールありきです。とりあえずのゴールでかまいません。脳(あなた)にとって、良い質問はそれ自体がゴールなのです。
また、脱線してしまいましたが、すばらしいフィードバックでした。ありがとうございました。

  • 2011 11.23
  • かなり、腸のグルグルがコンスタントに最後の方まで続きました。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ