一瞬自分で自分の声にうっとりしてしまう「スーパーボイス」遠隔伝授その後の感想

  • コメントは受け付けていません。

この記事は2分で読めます

「スーパーボイス」開発者のまさです。(登場の仕方が得意げでしょう?笑)
またまた、ヒーラーの同志からのフィードバックです。
この方は、若き天才!って感じです。講師とかをやられているのですが、超インテリです。
その彼からのフィードバックなので、幾分緊張感をもって読ませていただいたのですが、おおむねOKですね。
(引用開始)
遅くなりましたがフィードバックです。
伝授後から喉がイガイガした状態がしばらく続き、今でもまだ残っている感じです。
まだカラオケには行けてませんが、家で軽く歌っているときの感想としては正直スゴイなぁの一言です。
なんでこんな高音でビブラートが効かせられるのか、今までの自分からしたら有り得ない現象です。恐るべし。。

(引用中断)
喉がイガイガした状態が、好転反応で顕著にみられています。これは、喉の筋肉の脱力によって毛細血管などの循環が良くなるので、若干知覚過敏の状態が現れます。
その変わり、喉の粘膜は赤ちゃんの様にプルンプルンに脱力と柔軟性を取り戻していると思います。(あくまでも推測ですが。)
(引用再開)
そして日に日に音を出しやすくなっていくのも面白いですね。
ホメオスタシスが少しずつズレて行っているからなのでしょうが、これってもしかすると全ての技術で起きていることなのかもしれませんね。
歌声はフィードバックが取りやすいから日に日に変化していることに気付きやすいですが、他の技術でも同様に日に日に変化が生じているように思います。
どんな技でももっともっとフィードバックを正確に取ろうと思いました。
気付かせて頂いてありがとうございます!
(引用中断)

さすが、優秀なヒーラーさんですね。フィードバックがいかに大事かをスーパーボイスから感じていただけるなんて、、、開発者冥利に尽きます。
(引用再開)
それから声についてですが、しばらくは特に声に変化は感じられませんでした。
ですが毎日鼻歌を歌ったりトリガーをちょこちょこ触っていたためか、今日になって突然授業をする自分の声が太く深く良い声になっていました!
一瞬自分で自分の声にうっとりしてしまうという気持ち悪い瞬間も笑
まだまだどんどん良くなりそうなので様子を見てみます。
自分自身で改良するのはスーパーボイスの変化が止まってからにしようと思っていますが、一体いつになるのか分かりませんね(^^;;
心より感謝しますm(_ _)m
(引用終了)

そうなんです。歌声も突然というか、ぐぐーーーーっつとよくなる日があります。僕自身この気功技術を開発してからまだ2カ月しかたっていないので、はっきりいうとこの「スーパーボイス」の底が見えません。
多分、この「スーパーボイス」が日本のエンタテイメント界に激震がはしることは確かです。今まで努力してもだめだった歌唱力やパフォーマンスが上がってしまうのですから。
これは、インストールされたものしか分からないと思います。(そして、歌唱力等々の強烈なゴールを持っている者だけにしかわかりません。)
フィードバックありがとうございました。
まさ

  • 2011 09.08
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事