ウォーターファイストのフィードバックですが、こいつは本当にスゴい技術です。

(引用開始)
昨日は夜寝る前に足が張って寝付けなかったので、発火させました。
すぐに足の中を炭酸のトルネードがえぐり出すように上へ上へと上がっていき、腸はグリグリ動きしばらくポンプのようにチョロチョロと水分を運んでいるようでした。
そのうち寝てしまって朝すっきり起きました。
最近バテていたので朝の目覚めから
違うな…とすぐにわかりました。
すみません、振込今日行けなかったので明日振り込みます。
(引用終了)
はい!よろしくお願い致します。m(_ _)m
名古屋から札幌へ返れなくなるので、、、。

(え”ーっ!そんなにピンチなのかー!^^;)
冗談は、さておき、水分というふうに意識を上げさせているのは
、循環ですねもちろん。血液でしょ、リンパでしょう?
では?
そのカラクリは?
いや、カラクリから話しちゃってるんで、、、ね。
この事を、身体の風水と呼んでいます。
呼吸は「風」ですし、循環は「水」ですね。
そこに、もうひとひねりふたひねりを加えると、
まさワークスの様な気功技術がどんどん作れるようになります。
(多分ね。)
これは、もちろんハリーの特別列車で教えますけど、、、。
料理と同じですよね。
料理に入れるものって、決まってるじゃないですか、、、。
作るものだってもう決まってるに等しいでしょ?
でも、上手い人がいる。
あれが、気功技術かなって思う。
そこは、大きいですね。
だから、ヒーラーとして真面目になればなるほど、、、躓きの石は大きいと思います。
遊びが必要ということです。
そして、あるときは納得いくまで、人の意見、やり方、方法を教えてもらう。
あるときは、ガラパゴス化してみる。
これも、ある程度まで勉強したら必要かと思います。
でも、完全なガラパゴスは、、、お勧めはしませんが、、、、。
さて、まさワークスは、ヘリスキーの様に行きますよ!
まずは、ヘリコプターで僕の知り得る頂上から眺めてもらいます。
ずーっっと向こうまでね。
そして、どんどんパラシュートを背中につけて滑っていきましょう。
最後に、「あ、あそこすべってないねー」「あ、わかります。別にいいです!」
「でも、ここを滑りたいです。」「はいはい」って感じですね。
まさ^^

Follow me!