綺麗になる方法はある、それには本当はモチベーションなどいらない。

この記事は2分で読めます

ゴールはモチベーションのことではありません。
でも、ゴールもモチベーションも要らなくなってきます。
もちろん、あれば便利です。
はは、超便利です。
でも、なくても大丈夫。
(もう一つ、エフィカシーも要らないと言ったら混乱するかもしれないので、エフィカシーはこの記事ではさわりません。)
(引用開始)
遠隔中に、「なんだ、私きれいになっていいんだ!」と急に思ったのですが、そう思うと今まで不得意な感じだった美容系の効果が。
体重が2キロ落ち、ブラのカップがひとつ上がり、ウエストが3センチ減りました。←びっくりしました。
肌は好転反応ぽい湿疹が出てますが、これが治ったらキレイになりそうな予感…。
とりあえずセ◯シー下着をつい買いにいってしまいました(笑)
女性に生まれたことをもっと楽しもうと思います。
(引用終了)

はい。
楽しんで下さい。
このアルゴリズムを覚えているだろうか。
別にビジネスだけではないし、ビューティーにも何にでも使える。
気功にも使える。
モチベーションは上げなくてもよい。
無視してもよい。
モチベーションとは結果の説明に過ぎない。
モチベーションをあげる方法とは
本当は、うまくやる方法。
1:目標を設定する。
2:やり方を知る。
もう一つ、壁に貼っても貼らなくてもよい。
(これ行動許可だけなので、忘れちゃうなら死んだ方がましでしょ。冗談ですが。)
「大丈夫、お前(あなた)はいつかきっと行動する。」って自分を許す。
同じでしょ?まあ、許すっていうのがなんかスピっぽくていやなのですが、、、。
(本当は、行動っていうのもね、、、引っかかる、、、労働みたいで、、、)
(でも、基本的に情報空間だろうがなんだろうが行動Actionは不可欠としますね。ここではね。じゃないと、思いっきり誤解する人が増えるので、、、魔法と気功をね、、、。いいんだけど。)
カラクリは、ホメオスタシスの抵抗を少なくする目的ですね。
情報が変わると、(情報を受け入れるパラダイムが変わると)一気に変わりますねー。
なので、とりあえず行動を続けることです。(んーしっくり来ないがこの表現は、、、)
偶然の顔してやってきますよ。まあ、何でもいいじゃないですか、、、。
急にね、見えるものが違うし、身体が違うし、全てが変わります。
周りも変わる。
そう、それが認知科学でいう宇宙ですよね。ゲシュタルトが違うと違う宇宙にいるみたい。
1Q84の小説の世界にいるみたいでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ