いわゆる「いい顔」をしないとは?

この記事は1分で読めます

世の中、オカルトだらけです。気功もオカルトですし、ただの大量のア●が群がっているだけの、FB(失敬)や大人しいスピリチュアルならまだいいのですが、、、。
たまに外出をして、外界とコンタクトを取ると(仙人みたいな言い方ですが、、、僕はかなり普通の人のつもりですが、、、)変な団体から、僕も勧誘にあったこともあります。

そこで、至った方針ですが、、、。
誰にも彼にも、いわゆる「いい顔」をしないことです。
下らないものには、激怒する。バ●だなと思えば、積極的に(表面的には去るだけが多いのですが)僕は切り捨てます。(相手から見ると僕の方が見放したくなる対象だと思いますが、、、)
僕は自分自身が仕事をしていたときにやっていた、「気持ちの悪い、コミュニケーションの為のコミュニケーション」はやめました。Facebookにもそういうの多いですよね。挨拶botみたいな連中。(悪いことではもちろんないのですが、自分の時間がもったいないです。)真剣に真顔で暮らしています。
とは、最近の僕の個人的な方針です。
その中で笑顔も泣き顔も含めて表情があればよいと思います。
その役割の中でマザーテレサのような笑顔でいいと思います。チャップリンのような笑顔でいいと思います。
さて、ゴールを見つめましょう!!
ありがとうございます!!
まさ ^^/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ