【追記】『男を虜にする美肌の秘密』緊急レポート

この記事は3分で読めます

男を虜になどしなくても良いのだが、美肌について書いておきます。
先日、ある集まりに参加してたまたまお話しした方は界面活性剤(乳化剤)はお肌によろしくないことは理解されていました。
しかし、よろしくないイコール悪いということには賛成できないらしく、かなり興奮されていらっしゃいました。
おそらく、今迄数十年ご自分がやっていたことを否定出来なかったのでしょう。
無理はありません。共感はします。このショックは相当なものだと思います。
そして、僕にコミュニケーション能力がないと言わんばかりに、「言い方」についてのレクチャーをされてしまいました。(えっと、ご本人がIQを下げただけのお話なので、僕にはそのことにお付き合いする必要などないので、、、よく取り沙汰されるいわばコミュニケーションのための(?)コミュニケーション能力って目的が不明でなんだかよく分かりませんが、、、。)
IQ(ん?抽象度でもこの場合どっちでも同じか)低い人たちが、自分の主張する意見と違う意見とあった時に、勝手に負の情動を発火させ自分を見失ってしまうことを察して、調子を合わせてあげる能力のことなら、不要だと思います。
また、「あなた、そんなにいうなら実際にいい化粧品(化粧水など)を、1年でも自分で使ってみるべきよ。」としきりに勧めていました。
しかも、ご提案は左右別々に安い化粧品と良い(??)高額な化粧品をつけての実験だそうですが、、、。
もちろん、僕はあっさりお断わりしました。美容洗脳とは本当にすごいものです。いくら合法とはいえ「しみとしわ」を増やす有償(しかも高額の)動物実験に参加する勇気はありません。
確かに、続けて盛り続けて(塗り続けてか)いれば、常に新品のモルタル(失礼;;)を塗り付けているようなもので、偽物の肌で覆ってしまっているわけですから、、、。
僕は湿潤療法と同じくワセリンを塗っていますが。(ラップはしていませんが^ ^)
肌の水分量といっても、、、その化粧品塗り付けたモルタル(ではありませんが、比喩です。)が乾かないうちは水分量(この概念すらオカルトです。皮膚科で肌の水分量など測りませんよね)も保たれますし、お肌ももちもちになったかのような気持ちになります。
当然、プラセボ効果もあると思いますが、この場合はそれ以前の問題かと思います。)
コラーゲン入りなど、何も意味がありません。皮膚から吸収されるわけもありません。
また、コラーゲンを飲んだからといっても、消化された時はもともとコラーゲンであったという情報もすべて消去された上で(つまり細かく分解されて)吸収されます。
その分子が、またお肌のコラーゲンを形成するかどうかは確率的に非常に低いのです。ゼロに近いかと、、、。
脂肪を食べたらかならず脂肪になるわけでもありませんし、バナナを食べたら黄色くなるわけでも耳からバナナが生える訳でもないのと同じです。
美肌のコツというよりも、ズバリ健康な肌とは人体常在菌に守られています。
皮膚常在菌は1兆個と言われます。1センチ角に10の3乗から6乗のオーダーで存在します。つまり数千から数百万匹です。この皮膚常在菌は免疫システムとなって他の細菌やウィルスからあなたを守っています。
これを石けんで流して無菌状態にしてしまうと免疫力は落ちます。(まあ、時間が立てばまた常在菌が増殖するのですが、、、。)
皮膚常在菌は、私たちの皮脂や汗を食べて代謝をします。(つまりうんちやおしっこをします。)これは弱酸性の肌を作ります。同時に代謝物は皮膚にたい積をして美しい肌を作ってくれるのです。
この堆積が厚くなれば、光を反射して美白を作り上げます。自然のオーラです。
因みに、肌が黒くなるのは紫外線や化粧品などの化学的な(と言っても、十分に物理的なのですが)刺激や、コロコロ美顔器などの物理的刺激でメラニンが発火して黒くなるからです。
メラニンは免疫細胞です。刺激に対する防御策ですね。
また、一度発火したメラニン色素は肌細胞が28日周期(いろいろな説あり)でターンオーバーしても、またそこに発現して残ります。
ホメオスタシスの仕業です。ホメオスタシスは昨日の自分自身をコピーします。ホメオスタシスとは恒常性維持機能のことです。
体の汚れのほとんどは、水(お湯)だけで落す事ができます。
界面活性剤である石けんはほとんど要りませんし、頭皮も同じです。シャンプーは匂いやフケの原因です。
そして、化学的刺激は薄毛の原因です。ほとんどの薄毛のケアは逆でしょう。お湯で優しく汚れを落せばいいのです。
肌を綺麗にするならば、もう一つのアドバイスとしては、1日1-2食にして生野菜や発酵食品やフルーツを摂ることです。
炭水化物やラードなどの脂肪の過食はお勧めしません。
因みにお菓子やスイーツは必要などありません。抽象度をあげてたまに楽しめば良いです。
もちろん、全て自己責任原則です。
まさ^ ^
「洗わない!」でアトピーを治す (健康ライブラリースペシャル)/講談社

¥1,260
Amazon.co.jp
人体常在菌のはなし ―美人は菌でつくられる (集英社新書)/集英社

¥714
Amazon.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ