アメリカで匿名書きこみはチキン?

  • コメントは受け付けていません。

この記事は5分で読めます

まさです。今日は、世間話的なお話です。
まさワークスでは、無償の一斉遠隔では匿名OKでもやることがありますが、ほぼ本名で情報開示を求めます。
たまに、本名を明かす必要がありますか?と聞かれることもあります。
上から目線なのか、ケンカ腰なのかは不明ですが、、、。その方の「常識」という幻想で判断しているのだと思います。
その様な人には「あなたが名前も明かしたくない相手に教える必要はないですよ。」と説明をします。
申し込まなければいいのですね。
トラブルを避けるためです。トラブルは一番コストがかかるのです。
それなりの知識やIQがなければ、まさワークスにはついてくることができません。(僕も全く凡人レベルなので、そう言う程そのレベルは高くはないのですが、こう説明しなければならない人もいることを最近になって感じます。)
このブログは、公共のサービスではありません。例えば申し込めば全ての人が利用出来るなどとは一切保証出来ません。嫌な人は断ります。決まっている基準などありません。
当たり前の話しです。たまにこういうブログ記事を書くのは、読者を選ぶためです。読者は当然に読みたいブログしか読みません。(僕も)
このブログも同じです。読者を選びます
なので、実は、「まさワークス」にはクレーマーは存在しません。(なる前にこちらからお断りもします。)
かつて、メール相談の段階で「アンカー切り」を行おうと説明をしていたら、先方から『記憶がなくなったら、どうしてくれる?』という意味の質問を受けて、僕の説明を『詭弁ではないか?』という旨の切り返しをされたので、その時点で『お断り』をいれました。
あとは、何回かやっぱりまささんでと頼まれましたが、キッパリ『お断り』しました。
ドラッガー先生は、顧客に選択権があると仰います。
異論はありませんが、実際に選択権はどちらにもあります。
世の中にヒーラーは、腐る程います。(腐ってる人ばかりではないと思います。優秀な人がたくさんいると思います。)
ブログやネットをやっていない人の方が多いと思いますので、探せば良い事です。僕より優秀な方などゴロゴロいますと説明をしました。
ごもっともなクレームは甘受しますが、うだうだとしたクレームを言って来たら、関係は終わりです。
そのために自己責任をうたい、好転反応の説明を記事の大半に付けています。
トラブルや返金の面倒が嫌なので、無償で気の玉技術を先に配ります。3日間限定にするのは、気功技術が消える瞬間を体験させるためです。(上手くいけばの話しですが、、、)
もちろんトラブルには対応しますし、返金すべきときはしますよ即!!^^、(ちなみに10月に全技術伝受を受けて頂いた方には、初回ということもあり、不満の場合は全額返金をしますと全員に特別にメールをしています。)
僕がやりたいゲームが全く、違う種類のものだからです。
まさワークスは、別に何かの業界に入っている訳でもなんでもありませんし、決まった業界など存在すらしません。
(もし、業界をうたっている人がいれば、幻想かビジネス上の方便でしかないですし、その人には業界の定義があって、その中で生きていらっしゃるのでしょう、、、別に否定はしませんが。)
気功などオカルトとこのブログで前から断言していますし、気功という言葉は便利なので使っているだけです。
まさワークスは、僕が勝手に自分でやっている活動ですので、その辺を取り違えている人がいればお間違えのないようにしてくださいね。
まさワークスの責任を僕以外の他の誰かがとることはありえません。まさワークスの活動は、何かのルールに準拠してたり、資格を使用したり、ライセンス契約したりしている訳ではありません。
ですから、万が一まさワークスへのクレームがもしあれば、直接、僕に実名でメールでもしてくださいね。
さて、2チャンネルという「匿名」文化は、自ら名前を名乗らずに特定の他者を、みんなで匿名で語り、時にはというかほとんど情動に流されながら誹謗中傷する文化ですよね。しかも批判する対象は実名で上げながら、、、最悪です。魔女狩りですよね。
インターネットの中のダークサイドに落ちてる人たちですね。人として認定できませんけど、、、匿名で、一人何人の名前を持っているかも分からない状態なので(笑)
「匿名」で、「匿名の人」に向かって書き込み等を続ける人は、お互いに趣味だから勝手にすればよいと思います。
あ、まさワークスへのクレームは匿名などありえません。(匿名ならばスルーか、あなた誰?って聞き返すか、、、コストの低い方を選びます。)
「情報を開示しているもの」へ向かって何か言いたい人は、自分も情報を開示することです。
消費者庁というわけの分からない省庁があるが、何らかのトラブルや犯罪にあったとしたら警察で十分、あれは政治家や官僚の天下り先なのでしょうか?
様々な悪徳業者は存在するのでしょうが、、、その本質よりも消費者庁の登場は、消費者が無条件で売る側より偉いと勘違いしている人を世の中に増やしているようにも感じています。
日本には特に「お客様」は「神様」であるという奇特な信仰(に近いもの)があるし、ほとんどの人は客になった途端に、仏頂面になり姿勢まで後ろにそっくりかえりだす。
「消費者が偉い」と勘違いしている「あほ神様」が急増しているし、そう思っている勘違いが増えている。
売り手と買い手は同じ立場である。対等な契約関係にある。
売り場とは売り手が用意した品物に売り手が用意した条件、値札などがつく。買い手が納得したら買うだけ。もちろん、交渉は勝手にすればよい。
売り場に対して、買い場という言葉はないが、べつに買いたい人が条件を用意したっていいのだ。売り手が納得したら売るだけである。
日本銀行券と違うものを交換しているだけなので、お間違いなく!
人類は交換によって繁栄してきた。
以下はアメブロニュースから引用です。
(引用開始)
社会学者の宮台真司氏が、アメリカでは「2ちゃんねるに匿名で書き込むのが盛り上がるという文化が信じられない」というような風潮があることを紹介し、日本のネットで議論を呼んでいる。
議論のきっかけとなったのは、NHN Japanが運営する恋愛情報ポータルサイト「AM」に掲載された宮台氏のインタビュー記事。Facebookをはじめとするソーシャルメディアの状況について、また日本人のオンラインでのコミュニケーションのとり方について語っているものだ。
宮台氏が3年前にアメリカの大学で講演したとき、がアメリカに日本の2ちゃんねるに似たサイトがあるものの全然広がらない理由を尋ねると、「逆にアメリカ人の我々から見ると、なんで2ちゃんねるにああいう書き込みができるのかわからない」と問い返され、さらに「アメリカだと、匿名性に守られて居丈高に誹謗中傷すると、友達がいないか、頭が悪いか、性格がチキンか、どれかだというふうに思われるので、とてもじゃないが2ちゃんねるのような書き込みはできない」と言われたことを紹介すると、当の2ちゃんねるでも大議論に。
以上引用、アメブロニュースより。
(引用終了)

居酒屋でこんな人がいた。
お客さんで若い女性なのだが、その方はホステスなどの水商売をしているらしい。とても若くて容姿は綺麗なのだがお店のスタッフへの態度が悪い。
安い(店主には失礼だが、価格が安いという意味)居酒屋さんで、せいぜいたらふく飲んで食べても3-4000円のお店の中で、威張る威張る!
^^;;アホをまき散らしている。
もちろん本来は、客単価の問題ではないのだが、、、。その他のお客さんにも超迷惑!
どうやら、その論理は、「私だって働いているときは、ホステスとしてお客さんに媚び売って精一杯サービスしている!
だから、私が客の時は、いばって当然でしょう?客なんだから!
ということらしいが、、、一杯400円の安いテキーラーを居酒屋のスタッフにおごって「強要」しているのだ。笑い話である。
悲しい事に数万円のシャンパンの話しではない。繰り返すが一杯400円のテキーラーだ!
無理矢理飲ませるのは、どこかの安いホストクラブで見聞してかっこいいと思ってしまっているのだろう。
たかだか数百円、何杯飲んでも数千円でテキーラを飲んでしまうスタッフもスタッフだが、、、。
特定少数の客に店の雰囲気まで支配されているが、スタッフは小額でも客単価が2倍もある客であるとして上客と見なしてしまう。
多分、自分も働く場で、客が好意(その内実は嫌がらせか、無邪気な偽善と偽悪の狭間の遊び心)でおごってくれた酒を飲む事を強要されて、日々翻弄されているのだろう、、、。
そういう世界もあるということだが、、、。
やるなら、札幌ならば「すすきの」とかのホストクラブで、命をはってシャンパンを2-3本一気のみする若武者ホスト君を相手に、一晩に数十万ー数百万円くらい派手にまき散らしながらせいぜい『粋』にやってほしい。(『粋』というのは皮肉です。)
「匿名」からは何も(糞のようなものしか)生まれないこと。
「お金を払う」立場になっても、「偉い人」や「特権者気分」、ある時は都合良く「被害者気分」にならないことです。
大事な事は、あなた自身のゴールです。「お金」も「立場」も結局、道具でしかなくて、あなたの人生の目的になる訳がないということです。
どうせ皆、死ぬんだからと刹那的に自分の好きな事をして生きるという意味ではなくて、人生は今しかないので、本当にあなたが今、この瞬間に自分がしたい事だけをして生きれば良いと思うのです。
ちなみに『まささん、自分の好きな事だけしてればいいのなら、私、今日家に帰ってから、食器洗いしたくないんだけど、それでもいいってこと?』と、1年以上前に、セミナーで僕に質問された方は『いいです。』の一言で秒殺されてましたけど、、、。聞き返しても0.2秒で『どうぞ。』の一言しか返しません。(笑)
あなた自身の、抽象度の高い荒唐無稽な程のwant toのゴールを見つめてください。
きっと、あなたのやりたい事が見えて来ます。
まさ

ん?この文脈で紹介する本なのか?^^まあ、何でも良いので。
繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(上)/早川書房

¥1,890
Amazon.co.jp
繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(下)/早川書房

¥1,890
Amazon.co.jp

  • 2012 11.11
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 11.12

    test