(編集・追記)伝授を受けて1,2日は心が、良くいうと、落ち着いた、静かな感じでした。

  • (編集・追記)伝授を受けて1,2日は心が、良くいうと、落ち着いた、静かな感じでした。 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

素晴らしいフィードバックです!
(引用開始)
全技術伝授フィードバック
全技術伝授、どうもありがとうございました。
伝授を受けて1,2日は心が、良くいうと、落ち着いた、静かな感じでした。
悪くいうと、少し頭がぼーっとし、落ち込む気分でした。
(まささんのブログを読んで好転反応と知っていたので、問題無し!と安心できました。
3日目くらいからは、馴染んだといいますか、気にならず快調です。心も体も軽いです。)
結界を作るのにハマっています。
あと漫画のドラゴンボール、ハンターハンターの術のイメージで使います。(「ピエタ、絶!」とかいって。笑)
すごく価値のあるものを頂いたと思っています。
とても感謝しています。
まささんのような貴公子!を目指しています(^^)
ありがとうございました。
(引用終了)

本人への返信メールをほぼそのまま引用します。
素晴らしいフィードバックをありがとうございます。
漫画の臨場感は秀逸です。
まさに臨場感2.0ですね。
僕も見習わせていただきたいと思います!
僕も「@@さんのような大志を持ったイノベーターであり続けたい」と心を新たにしています。
切磋琢磨で互いを高め合いましょう!!
好転反応とモチベーションは、コンフォートゾーンから大気圏や重力圏を抜けようとする時に感じるただの反応や一時の或いは恒常的な結果です。
歓迎しつつ、無視しつつ、さらに抽象度をあげて、決して見えない荒唐無稽なゴールを観じながら行きましょう!
中国天台宗創始者、智顗の言うところの「止観明静」に通じるところです。
以上が返信メールです。
もう一点、今度の遠隔気功師養成講座の参加者からもご質問があった質問です。
「レイキは抜いた方がいいのか?」への回答です。
気功技術の伝授を受けるにも、もちろんIQや抽象度の高さや知識は関係します。
レイキに限らず、伝統的な抽象度の低い技術を持ったままでも良いかというか質問は受けます。
まさワークスでは養成講座の際に個別に本人の希望があれば、レイキ抜きなどの「アンカー切り」を行いますし、引き続き自分で出来るように指導はしています。
恐らく様々な見解が巷に錯綜しているのだと思います。
他意はありませんが、「今迄大丈夫だったから、大丈夫」という経験エピソードだけで判断したものであれば、そのような主張は少々荒っぽい感は否めません。
自戒を込めて言えば、私たち(ヒーラーもその他の方々も)、あるところでロジックやロジックの鎖の隙間を埋める機会を見逃してしまう可能性をはらんでしまいます。
私たちは「エフィカシー」を何に使うべきかのゴール設定を常に見直し、さらに遠くに置くべきだと思います。つまり「エフィカシー」すらツールであるべきなのです。
重ねて自戒を込めて言えば、同じ気功技術の伝授を受けても、伝授をする人と使う人の抽象度に技術は左右します。気功技術や科学などの理論はツールに過ぎないからです。
だから、伝統には敬意は払いつつも、「まさワークス等で取り扱っている」気功技術を使いたいあなたには、レイキやその他の抽象度の低いエネルギーワーク等々の技術が(抽象度の高い技術と時にコンフリクトを起こすのか)急に使えなくなるなどの事例もいくつかあるということだけはここに記しておきます。
もちろん、その上で持っている古い技術を抜く処置をするかどうかは、本人が判断すればよいことですし、そのような処置をされている他のヒーラーの方もいらっしゃいます。
(まさワークスでは、現在基本的には養成講座を受講した参加者に対面のみで行っています。また、説明はしても「抜かなくてもよい」という判断をされる方もいらっしゃいます。それはそれで良いと思います。)
反証事例は一つあれば成立しますので、このブログを読まれているあなたに共有したいと思います。これはどなたも知っておいた方がよい情報だと思います。
具体的な事例はここでは記しませんが、例え何割か数パーセントであっても、またケースバイケースであれ反証事例はひとつあれば十分ですし、それを超える処置があれば別でしょうが。

  • 2012 11.08
  • (編集・追記)伝授を受けて1,2日は心が、良くいうと、落ち着いた、静かな感じでした。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2011 09.14

    思考の仕方

ツールバーへスキップ