「ネオ・レッドピル」目を閉じなかった分、浮遊感…カラダの反応がよくわかったように思います^^

  • 「ネオ・レッドピル」目を閉じなかった分、浮遊感…カラダの反応がよくわかったように思います^^ はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

引用開始)
今日は、選択した日ではないけれど…キャッチできるんじゃなかろうか…♪
と、思っていたら「昨日の人にも…」の文字が飛び込んできて、嬉しく思いました♪
ありがとうございます!
昨晩が、是が非でも食べたい伝説のウナギを、絶対に掴む!心身ともに万全の臨戦体制で待ち構えていたんですが、今日は、ウナギを味わうにはどうすれば…と思案する感じでした。
今日は、旦那さんがお誕生日だったので、口はお喋りしつつ…手元は消しゴムハンコほり…で時間を迎えました。
時間ぴったりから足がビリビリして…緩む感覚、骨がわかる感覚、お腹の中身の臨場感が上がりました。ハンコ投げ出し、転がりました。
何分に○○という記録はできませんでしたが、仙骨は溶けましたし、爆睡した翌朝のようなフニャフニャ感をいま満喫しています。
昨日あったワタシ中身の硬さ(緊張ですね)が、今日は、「生まれたて」みたいな感覚です。
今日の方が、気持ちの面で鳥瞰図でした♪
鳥どころか、大気圏をはるかに超えて、宇宙ですが…目を閉じなかった分、浮遊感…カラダの反応がよくわかったように思います^^
ネオの景色、気に入ってます。
気合いや、無理やり、ではない、スル~ッと力の抜けた感覚は素晴らしく気持ちよいです。
また若返っていきそうです!明日の朝が楽しみです(^O^)
ありがとうございます!
(引用終了)

昨日の人にも「伝授」のつもりが、ちゃんとキャッチされていますね。結界が甘いのか、甘くしてあるのかの議論は、置いてけぼりにしましょう。ハッカー並みです。^^;;
気合いや、無理やり、ではない、スル~ッと力の抜けた感覚」そうそう、この感覚です。
この感覚が、体もそうですし、心の面からも「反転」といういわば集合論で言えば補完関数、逆関数にあたるネガポジの反転状態の感覚です。
指先のスケッチをするときに、指先の周りを描いていくような感覚です。
同じ指先なので混乱しますが、違う話しで、お釈迦様が指先をみないで指先がさしているものを見なさいと言ったこととにています。
まさに、縁起は空をさしていないのです。そして、縁起も空も悟りを指しているわけではないのと一緒です。悟りとは無分別智のことを指しているのです。分別は日本語の分別ではなくて、文字通り分ける事です。なので、無分別とは分け隔てのないことですよね。
また少し脱線がすぎましたが、「反転」の場合は、まず分けるというところから始まるのですが、浸潤し合う境界線から、フォーカスしていた脱力なりのファンクションをもった情報である気をリバース(反転)させるのです。
これは、非常に効果的な気功技術です。もしも、伝授をして欲しい方がいらしたら1万円で伝授をします。こっそりメールを下さい。僕が使う気功技術のなかで、抽象度からいうとそんなに高くもないと思いますが、抜群の切れ味をもつアーミーナイフのように使えます。
気功技術「ネオ」の一番の臨場感は、ここだと思います。
発火したときの気感は本当に抽象度が高いので、感じられないかたも多いかと思いますが、心身の「軽さ」を感じられたらそれは、「ネオ」だと思って下さい。
また、レッドピルはもちろん気功技術そのものが入っているのですが、解釈によって使い方に拠ってはブルーピルとなる諸刃の剣です。簡単に言えばモルヒネをどう使うかです。
ゴールが重要になってきます。
そして、まずは自身の身に感じた「身の軽さ」「心の軽さ」が周囲の人にも波及しているのをしっかりと観て下さいね。周辺の割と近い縁起の人たちや事象にも「軽さ」を感じると思います。
ゴールに向けて、自然に働きかけることが出来るようになります。
どんどんと抽象度を広げ、もとい高めていくと、湖面に投げた石から広がる波紋の様にぱたぱたと或いはくるくると縁起が展開していくのが見えたり聞こえたり(?)すると思います。
見えなくても、物事がすいすい、サクサクといく感じがあればいいと思います。
まさ

  • 2012 09.11
  • 「ネオ・レッドピル」目を閉じなかった分、浮遊感…カラダの反応がよくわかったように思います^^ はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ