アンチエイジング「ミレニアム」と「ヒーリング」のフィードバックです。

  • アンチエイジング「ミレニアム」と「ヒーリング」のフィードバックです。 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

今回のアンチエイジング「ミレニアム」は、代謝と浄化がテーマです。
体の内部、細胞の中と外で代謝で出てきたゴミを浄化するということが大きなテーマのひとつです。
さっそく、僕自身の体にも変化が出てきました。首のシミの消え方が加速していますし、筋肉がとても柔らかくなっています。
フィードバックを頂きました。
これは、同時にエキストラオプションで行ったヒーリングの途中経過フィードバックです。
自分でRをゆらがせられたらそれでいいです。
(引用開始)
「live for a millennium」&「人生はチョコレートボックス」のフィードバックです。
まささん、こんにちは。
右半身と視力について、一日様子をみてみました。
気功を受ける直前の状態をきちんと確認していなかったので、BeforeーAfterを詳細に比較できないのですが、自分の感覚で感じた内容をお知らせします。
まず、少なくとも4月の時点で全くできなかった、「あぐら座り」がかなりできるようになっていました。
いつからできるようになったかは、分からないのですが、少なくとも今年の4月に初めて参加したヨガ教室で、講師の方に「結跏趺坐」でなくても「あぐら座り」でもいいですよ、と言われたのに、右股関節がコリ固まっている私はあぐらもかけずに、正座をして受講し、あとで足の甲が痛くなったのは鮮明に覚えています。
その後、あぐら座りを一度もしたことがなかったので、確認できないのですが、遠隔を受けたあとにやってみたら、できました。
また、ヨガの合せき(がっせき)というポーズがありますが、私は左側は床から30度~40度くらいまでいくのですが、右側は床から80度くらい(いわゆる直角に近い)までしか広がりませんでした。
それが、遠隔のあとは床から60度~70度くらいまで広がるようになりました。
次に、週に2,3回やっている、いわゆる「寝ゆる」の、すねプラプラ体操で、左足を下にしてするとき、必ず右股関節が「ギコギコ」とキシムような感じがありましたが、さきほどやってみたらキシム感じはなくなっていました。
冷えについては、私はこんな猛暑でも、寝る時は右足首と右手首にレッグウオーマー&腕ウオーマーを使用しているのですが、昨晩使用したのは右足首だけで、右手首は不要でした。
(ちなみに7月になってからは寝ている途中に、いつの間にか、はずしていますよ)
視力については、まだ変化はわかりません。
以上です。また気付き次第、報告させていただきます。
(引用終了)
右半身が冷え性で、調子が悪いということでした。
このまま、調子は上がっていくと思いますが、意識に上げてRをゆらがせることはじゅうようですし、「ゆる体操」はいいと思います。
ゆる体操のコツは、激しくやりすぎないことです。
気功で柔らかくして、その柔らかさを確認しながら丁寧に行って下さい。
フィードバックです。
フィードバックそのものが、身体をしっかり観る、感じることです。しっかり見ると言う事は、リアリティをゆらがせることと同義です。
無意識を意識に上げることがRゆらぎです。
そして、丁寧に行うことが大事です。
乱雑になんどやっても、意味はありません。
お金を貰ってクライアントさんに30分なり60分の制限時間の中で施術をしているところを想定することも、セルフヒーリングのコツです。
アンチエイジングと療法で相乗作用を狙いました。
まさ^^
からだにはココロがある―丹田、センター、身体意識の謎を解く (講談社+α文庫)/講談社

¥680
Amazon.co.jp
究極の身体 (講談社プラスアルファ文庫)/講談社

¥880
Amazon.co.jp

  • 2012 07.31
  • アンチエイジング「ミレニアム」と「ヒーリング」のフィードバックです。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2013 02.11

    昨日のPVは?

ツールバーへスキップ