「好転反応かな。肌もデトックスしている最中なのかな」 なんて考えています。

  • コメントは受け付けていません。

この記事は3分で読めます

気功技術『天使の羽根』は、スピリチュアルっぽいですね。今更ですが、、、。エンジェルなんとかって多いですよね。でも、違いますよ。
『甲腕一致』という高岡英夫さんの発見された身体意識をメインイメージにしています。とうぜんアレンジを加えています。
『甲腕一致』を取り入れるとき、気功技術として入れたときの好転反応をプラスの方向に利用できるようにです。身体意識本体に関しては何も手を加えていません。(僕自身まだ応用したり進化させたいできるレベルではないので。)
このフィードバックは丁寧に、痛みは痛みとして適切な処置をされていると思います。
(引用開始)
まさ様
こんばんは!
脱力美女ダイエットのフィードバックです。
今日はヨガに行ったのですが、体が柔らかく(特に肩回り)、気持ちよく動かすことができました。
ヨガの前に、背中と腰(普段痛みが出やすい左側)辺りに痛みがあったので、ヨガをやりながら、痛む部分に気を流すイメージをしました。
今は痛みはありません。
夕方あたりから顔に赤みのある湿疹が出始めました。
「好転反応かな。肌もデトックスしている最中なのかな」
なんて考えています。
湿疹が治まった後に、美肌が現れるかも…なんて期待してます。
(引用終了)
素晴らしい経過ですね。
最初に変なことを言います。(このブログで言っていることは、全て読者と僕自身のLUBに対してですよ。)僕はヨガをやめたら体の痛みがなくなりました。あえて相関関係があるとも言いませんが、特にハタヨガの注意点は後述します。
さて、腕や肩だけではなく、フィードバックのためには身体は、動かしてみてくださいね。
それから、ぼくは、例えばダイエットのためにランニングとか(危険です。ランニングは痩せてからしてください。)、ムキムキマンに見せるための筋トレとか(ボディビルディングの意味が理解できません。)には距離をおきます。ご存知と思いますが。
でも、スポーツやダンスする人を否定するつもりは毛頭ありませんし、適度な運動(大抵のスポーツは適度どころか激しいものでしょうが)は必要だと思います。好きなら頑張って下さい。
ウォーキングはよいと思います。歩き方も、高岡先生のゆるウォークをよく読むとよいと思います。空腹時に有酸素運動をすると、身体に蓄えられている脂肪は燃焼しやすいのです。
ヨガも、まさワークスのブログを読んでいる人であれば、アプリオリによる思考停止のどこが危ないのかということを、抽象度高く理解されていると思いますので存分に楽しめばいいと思います。
ヨガを初めとしてスポーツ全般の注意点は、初めにやる準備体操の前に良く身体を温めて、身体を柔らかくしてからやることです。
柔軟体操は体が固い人が無理をして身体を柔らかくするためにやるのではなく、体が柔らかい人が身体を十分に温めるために気持ちよい範囲でやるものです。
体が硬いのに無理にやると身体を壊します。
大抵は、当たり前の様に教師が何もしらないので、『ちょっと無理して』とか『あんまり、むりしないで』という表現で、要するにある程度の『無理』を強いて身体を柔軟にしていこうとしています。怖いことです。
筋肉の細胞が引きちぎれているだけです。ご注意を。
自分がベッドでまあ自然に大あくびをするくらいの伸びです。それ以上は組織を壊します。
特にヨガは、正座のポーズから、目線による首の向きや、左右の手のポジションを変えながらギリギリ、、ミシミシ、、、ポキポキ、、、と徐々に万力のように身体をねじり上げていきます。
背中やわき腹、首、腰椎、あらゆる場所を痛めつけているだけです。
理屈に合わないことはしないことです。ヨガでは、今身体を痛めているので、、、とか、体が悪いのでといういいわけでもしてマイペースににやることです。
気功で緩めていくのです。身体に順にさわって熱を気だと思って(十分に気ですよね。熱という情報ですから。)緩めたうえでゆるんだ分だけあくびのようにゆっくりやってください。
僕は、それがわかってからは『腰が悪い』といって(本当に痛めていたのですが)、自分ひとりで違うことをしていました。(いやな生徒かもしれませんが、、、態度は悪くなかったと思いますよ。)
ああ、そうそうお肌ですね。治癒反応です。好転反応です。どんどん緩ませてください。
そこにも気を流してみるのもよいです。しかし、けっしてフォーカスしすぎないでください。
原因は抽象度の高いところにあります。基本的には『脱力美女ダイエット』のトリガーをして、それで気の玉を作ったりして、下丹田や股関節、お尻まわり、肋骨や胸、脇の下など、どんどん緩ませてください。顔もいいですよ。
下丹田は常に初めにやってください。一番大事ですし、何処よりもまず鍛えるところです。胸の気が頭に上がるのを伏せぐおもりの役割もします。
まさ^^
上丹田・中丹田・下丹田―自分の中の天才を呼びさます/高岡 英夫

¥2,100
Amazon.co.jp
究極の身体/高岡 英夫

¥1,785
Amazon.co.jp
究極の身体 (講談社プラスアルファ文庫)/高岡 英夫

¥880
Amazon.co.jp

  • 2012 05.29
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. blog_import_52036389716d6