『ヴァイタライジング・ベッド』という新しい技術です。「疲れ知らず。心が大笑いしているみたいな。」

  • 『ヴァイタライジング・ベッド』という新しい技術です。「疲れ知らず。心が大笑いしているみたいな。」 はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

養成講座で疲れているはずなのに、want toでどんどん湧き上がってくるものがとまりません。(^ー^)ノ
まさです。
気功に関するアイデアを募りました。ネーミングだけでも、、、と。
多数の応募ありがとうございます。
現在、モニタリングを実施していますが結果がとてもいいのです。
実は、『ベッドヒーリング』のワンランク上の技術です。
(引用)「Vitalizing Bed=生命力を活性化するベッド、です。
リラクゼーションや気持ちよさだけじゃなく、不調から快復して元気になるアクティブなイメージがある言葉がいいんじゃないかなあと思ったので(^^)」
これが開発のきっかけになった投稿です。開発者ともともとベッドヒーリングを試している方のなかからモニターとして数名協力いただいています。
あ、日本語読みは『ヴァイタライジング・ベッド』です。
基本はベッドヒーリングですが、『心と体のリラックス』の出力を20%から100%出力にしました。プラス玉』つまり嬉・楽・快・爽・誇のプラスの情動の気の玉を200%増しです。
今回はそれにミトコンドリア活性と免疫力アップを入れています。ミトコンドリアはエネルギーのもとであるATPを産生しています。免疫に関してはは白血球や常在菌を活性化させます。それぞれのLUBに働きかけています。
単純にいえば、心も体もパワーアップですよね。
では、開発者以外のモニターさんからのフィードバックを見てみましょうね。ちなみにこの方は、出来上がった瞬間に、メールでベッドヒーリングの出力アップリクエストがありましたので、白羽の矢が立ったのです。僕が送ったメールはこれです。
(引用)「リラックスを100%にしました。プラス情動の気の玉も2倍にしました。
そして、免疫力アップとパワーアップも入れています。(白血球とミトコンドリア活性です。)
ヴァイタライジングベッドという技術です。本日作ったものです。」
さて、お手並み拝見です。
(引用開始)
まささんこんにちは。
先日はベッドヒーリングのパワーアップありがとうございました。
あの日まささんに返信してから急に身体が前後に揺れるように感じて、その後頭がモヤモヤ~ピリピリとしました。だんだんそれがジワ~ッと全身に広がって、なんだか自分のオーラが大きく広がったように感じました。
睡眠は極めて快眠ですし、朝起きた時の感じが違います。今までは起きぬけに腰がイタイことがあったのですが、それが全くなくなりましたし、すっかり忘れてしまっていました。
そしてなんと言っても疲れ知らずです
昨日もダンスレッスンの後、今度のイベントのための衣装探しでいろいろお店を回りました。荷物もいっぱい抱えて3時間程ウロウロしてましたが、全然疲れていませんでした。いつもなら途中でお茶でもしてるのに階段もつらくない?
あと昨日は朝から楽しくて楽しくて、ずっと笑っていました。顔がニコニコしているというより、心が大笑いしているみたいな感じでした。
何かウキウキするような心浮き立つ感じでしょうか。レッスン中も楽しくてしょうがなかったです。振りはハードできつくても笑って踊っていられる
それがまたうれしくてもっと頑張れるんです。
それとレッスンのとき、身体がゴムのように伸びるのを感じました。まるでルフィ?まぁあんなには伸びませんでしたが(笑)気持ちも身体もとても軽やかです。
マイワールドも発火して、より一層パワーアップ してる感じです。すごいです。レンタル期間もあとわずかですが、思いきり楽しみたいと思います。ありがとうございました。
(引用終了)

ね、すごいでしょう?心が大笑いですよ!
「うたうこと」フレデリック・フースラーではないですが、人間のパフォーマンスとは、須(すべか)らく情動の流出であることがわかりますよね。
フースラーの名言は「歌とは本源的には感情の流出である。」でしたね。しかし、歌だけじゃないですよね。当然、すべてのパフォーマンスに情動は関係しています。情動とは何かは、ここではさて置きです。
疲れないというのは、APTをミトコンドリアが活性化することによって増産しているからです。免疫も大事なので、白血球や200兆個と言われる皮膚や腸の人体常在菌に働きかけています。
LUBにはたらきかけるのです。
それから、このブログでは抽象度のお話をいつもします。
僕がいつもやっている方法です。
そして、最近の僕の気功技術にはこの僕の基本的な考え方か、大きく影響を与えていますよね。OSの様な感じです。
公開しますね。
人生を遊びというフレームに入れてしまう方法です。
人生というフレームより、もっと大きなフレームを作ってそのフレームの中に、人生というフレームを入れてしまいます。入れるときには、フレームをバキッと壊してそのまま「ポイッ!」と入れます。
プラスチックの写真フレームのイメージや、封筒みたいな感じでもいいです。
大きな新しいフレームには、色とりどりのクレヨンで「あ・そ・び」と下手くそでも自由な字と子供のようにおおきなありえないほどの口をあけて笑っているお絵かきをします。
心の中でですよ。イメージです。時間をかける必要はありません。
人生の中に遊びがあるのではなくて、遊びの中に人生があるのです。イメージを使ったアファメーションですね。面倒くさくないでしょう?(笑)

『仕事の中に人生がある』と言う有名なセリフをお持ちの経営コンサルタントもいますが、仕事が人生を包摂するなんてバカバカしいですね。
このタイプは、自分が昔、金に苦労したという話しが得意ですが、最終的に『(お父さんの)仕事の中に(家族の)人生がある』に行き着くのは、、、抽象度は上がっていませんね。お父さんは、金を稼ぐ奴隷ではありません。
脱線しました。^^;
『ヴァイタライジング・ベッド』は改めてフォームを作りますが、GWスペシャルで期間を合わせて一斉でやろうと思います。
1-2日待ってくださいね。

  • 2012 04.23
  • 『ヴァイタライジング・ベッド』という新しい技術です。「疲れ知らず。心が大笑いしているみたいな。」 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ