収まるところが分かっているパズルのピースの様にひとつひとつの状態を把握出来たことに驚きました。

  • 収まるところが分かっているパズルのピースの様にひとつひとつの状態を把握出来たことに驚きました。 はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

僕の速読脳のカラクリの一つを如実に表されている表現に驚きました。
それは、超並列脳です。いわゆる頭の回転といわれる、クロックサイクルを上げるだけではなく五感で拾える全ての情報を意識に上げていって、マルチモーダルチャンネルを作るトレーニングに明け暮れています。
そう、脳の中に沢山のチャンネルができるのです。音楽や放送関係の機械でミキサーという機材がありますよね。分かります?
沢山のチャンネル、上下に動かせるつまみがついたチャンネルがついていて、楽器やマイクや効果音が独立したトラックにレコーディングできて、音量もそれぞれが独立して変えることができるというマシンね。
アレを脳の中に入れたイメージです。(写真の様なイメージは入れませんけど、、、)
僕としては、鳥肌が立ちます。
(引用開始)
まささま。
昨夜のフィードバックをいたします。
昨夜は舞台終了後の打上げ中での遠隔でした。
始まると、左の眉間がピクピク動きはじめました。
その時は、ひとりひとりが舞台に出演した感想を述べていましたが、何だか興奮してか、感きわまり、涙が出てきて「私、上手く感想が言えるかなぁ?」と思っていました。
遠隔が進むと、どんどん視覚がクリアになり、ビルの13階にいたのですが、見下ろす夜の街の夜景がまるで映画を観ているように美しかったです。
それから、遠隔が進むに連れて頭の中は静まりかえってきて、今自分が感極まって泣いている事、考えている事、それから、みんなが話している内容が収まるところが分かっているパズルのピースの様にひとつひとつの状態を把握出来たことに驚きました。
舞台後の興奮状態であったのに冷静に自分の状態や考え、回りを観察出来たのは面白い経験?変な感じでした。
(^_^;)
ありがとうございました。
次は速読に挑戦してみます。
(引用終了)

視界がクリアになったりあかるくなったりというのは、IQや抽象度が上がった瞬間です。その変わる瞬間が快感です。よね。
速読脳を何かということが分かったと思います。
まずは、やり方の前に今までと同じようによんで早く読めたり、すっと頭に入ってくるかどうかをおためしくださいね。
ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)/苫米地 英人

¥580
Amazon.co.jp

  • 2012 04.16
  • 収まるところが分かっているパズルのピースの様にひとつひとつの状態を把握出来たことに驚きました。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ