あなたは、すでに成功していますよ。大丈夫です。

  • コメントは受け付けていません。

この記事は2分で読めます

深い気付きですね。
(引用開始)
まささま。
自分にとって、足りないものとは自分がかってに決めたものだという事がわかりました。
足りない!と言う思いは、自ら足りない事を証明している様なものでした。
自分には何が足りていないかで全てを判断していた様に思います。
足りるとか、足りないとかよりも、その先の望む私に一気に駆けてゆきたいです。
(引用終了)

はい、素晴らしいですね。素晴らしいです。
まさに、その通りですね。
まずは、今までの尺度を捨てることです。
捨てられなければ、横に倒しちゃいましょう。
それは、社会が決めた尺度、他人が決めた尺度、自分が決めた尺度。
いいですか?
そして、尺度を捨てたら、今の自分を評価することをやめることですよ。
ものさしも、なくなれば評価もできなくなりますね。
そしたら、足りる足りないなんて評価はありませんね。
だって、ものさしがないということは目盛りもないので、足りるか足りないか測れません。
どうせ、測っても”不確定性原理”により、正確には測れませんが、、、。
どうして?
今の自分とは、今までの自分でしょう?^^
今日の自分とは、昨日までの自分のことでしょう?
過去は関係ないでしょう?^^
これからのあなたに過去のあなたは関係ないでしょう?
しかも、人生には失敗などないので、反省なども一秒も要りませんよ。
過去の出来事は、あなたのこれからの出来事には何の関係もありません。
そして、今がベストだと知ることです。
今の自分がベストなのです。最高なのです。
『足りるとか、足りないとかよりも、その先の望む私に一気に駆けてゆきたいです。』
そうですね、そうです。
そして、できればもう少し楽にです。なんというか、脱力は必要です。
脱力だけでは、ダメなのですが、、、。
頂いたメールの情報を読む限り、もっと脱力です。
『なりたい!なりたい!絶対なるぞ!』というのも、実は『なっていない!』を強調してしまいがちです。
すでに、望む私であるという臨場感です。既になりたい自分なのです。
have toのためのhave toにならないようにですね。
あなたは、成功したあなたです。やりたいことをやるだけですよ。
すでに、成功しているのに、スコトーマで見えていないだけなのです。人生は成功の連続なのです。失敗などありえないのです。
ドクター苫米地の新・福音書――禁断の自己改造プログラム/苫米地 英人

¥1,470
Amazon.co.jp
『本当はすごい私』には、10のアファメーションがありますが、僕が今一番好きなものはこれです。
『私は、いつもごく自然に、ベストな選択をしている。その結果、現在の私は完璧にベストな状態にいるので、毎日がどんどん楽しくなってくる。』(引用です。)マントラのように唱えましょう。『ありがとうを100万回』なんかより、100万倍の効果です。(笑)
本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード/苫米地 英人

¥1,365
Amazon.co.jp

  • 2012 03.31
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事