一瞬の後には、すでに別人とは、まさにこのことです。

この記事は2分で読めます

直前記事の彼(ハリー)が、すぐにレスポンスをしてくれました。

(引用開始)

その文、というより全体から漂う幼稚な腐敗臭です、自分の感覚では。

 たしかに男の腐った、、の方が威力ありますね(笑)
 
でもそれは、本当にどうでもいいです。
 
昨夜僕がまささんの返信を受けたとき、制約条件の下りですね。
僕が素直に感じたのは、ゴールへの道程にある邪魔なブロックを、スコトーマというブルドーザーで脇に押しやり、道を開けるようなイメージでした。つまりは抽象度を上げる、ということかな、と思いました。
 
ただ、変に深読みしました。
まささんを上に押しやり、自分を下に引き下げたような。
それはともかく、どうでもいいことに固執したんです。抽象度が低いからですね、、はは、、全部結局そこですね^ ^
 
僕にとって、まささんとのメールのやりとりは、かけがえないレッスンです。ゲシュタルト伝授ありがとうございます。自分のゴールを達成するため、機能に徹していきます!(引用終了)
『自分のゴールを達成するため、機能に徹していきます!』素晴しい。まさに、ここです。そして、僕にとってもクライアントさんや、このプロジェクトに参加して頂いている方とのこのような、真剣なやり取りこそがかけがえのないレッスンです。互いが学びあうのです。学びに終わりなどありません。

そして、次へ次へです。ゴールはどんどん遠くへですし、ゴール(モチベーションの方が分かりやすいかな。ちょっと違いますが)など不要、そしてゴールなど無いという世界なのです。

昨夜、ある尊敬する先輩とお話をしていました。

「高田君のゴールって何なの?」

「そのゴールの意味って何ですか?定義は?、、、えっと、それは置いておいてですが、ゴールってたくさんありますし、毎日変わります。」

(一般的に、超嫌な奴ですねー。後輩のクセに!^^;
でも、グッと、、、受け入れてくださる先輩です。)

「では、一番モチベーションの高いゴールは、、、?」

ここで、モチベーションなんて、、、という話をしても、もっとアレなので、、、そこは置いておいて、、、です。(笑)

「気功だけではなくて、僕が知り得た知識や、体感したことを伝えていきたい。という事でしょうか。僕自身が、相当に苦しんでいた時があったので、そういう人に伝えて行きたい。そこに今モチベーションを感じます。」

「ふうん、、、。」

そんな、会話がありました。

僕が今、自分に果たしている『機能と役割』です。伝えることです。

僕は、僕の理想のゴールの臨場感世界に住んでいます。

まさ^^/

更新をメールでお知らせします。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2013 04.18

    mapping dimensions