信じ 耐え忍び それを糧に生きてきました。「縁起の書き換え」と「脱洗脳」vol2

この記事は3分で読めます

信じ 耐え忍び それを糧に生きてきました。「縁起の書き換え」と「脱洗脳」vol2
マンツーマン遠隔事例「縁起の書き換え」と「脱洗脳」vol1
の続きです。
さて、この遠隔の前にクライアント様から打ち明けられていた事実がありました。それは、「洗脳」という大きなテーマでした。ご本人の許可を頂き、個人情報等特定出来ないようにするために、文章は若干編集(伏字や削除)させていただいております。
(引用開始)
まささん メールありがとうございます。
感謝でいっぱいです。
実は私は○○年あまり ○○の信者でした。今は洗脳だと気づいたので 全く活動はしておりません。
自分に起きる様々な出来事は自分の宿命、その宿命を打破するために 自分で自ら苦難となる課題を与えては これを乗り越えれば幸せになれる!と信じ 耐え忍び それを糧に生きてきました。
また○○の会員でもありました(中略)
結局 長年 悩んでいたことも ただの洗脳だと気づけたのは 気功との出会いでした。
本当に感謝です。
まささんとの出会いも本当に大きな存在です、どんなにブログに、技術に、またこの度のメールにも奮い立たされたか わかりません。
ありがとうございます。
遠隔の件 ありがとうございます。(中略)
どうぞ よろしくお願いいたします。
(引用終了)

苦労すれば、幸せになれる、、、宗教のみならず私達は様々なフィールドで、支配者層からの洗脳を受けています。
苦労すれば、幸せになれる。苦労と、幸せには何の因果関係もありません。
ことわざや格言、論語の教えなど、、、いわゆる古くから伝えられている事や決まり文句になっているから正しいということではありません。
分かりやすく説明します。
1つ目に、苦労しなくても、(その事実には関係なく)幸せな人は幸せです。2つ目、苦労しても、幸せな人は幸せです。
3つ目、苦労していなくても、不幸な人は不幸です。最後に苦労していても、不幸せな人は不幸せです。
全ての組み合わせが成立するでしょ?
なので、苦労するかしないかという条件と、幸せかどうかという結果にはなんの因果関係もないのです。
その上、「苦労」も「幸せ」も主観的な解釈です。本人がどう思っているかだけなのです。
幸せと思うから幸せなのです。それだけです。
幸せになるのは、簡単です。幸せだと決めるだけです。
いくら宗教やスピリチュアルが甘い言葉をささやいたとしても、
幸せの青い鳥は探しにいってはいけないのです。どんなに遠くに行っても、どこにもいません。どこにでもいるともいえますが。
スピリチュアルといえば、金儲けの上手い連中のスピリチュアルとは言わないスピリチュアルまがいの人たちにも気をつけてください。
ありがとうを100万回言ってもいいですけれども、(そんなに暇ならば)そのことと良いことがあるとかないとかには直接的な因果関係もありません。
巧妙なマントラの蒸し返しです。マントラが悪いというわけじゃないですが、マントラは頭の中のネガティブトークをとめるという役割があるそうです。(ちなみに、釈迦はマントラを否定しています。)
超並列脳や変性意識等の練習に自発的にマントラを唱えながらヴィッパサーナ瞑想のような訓練をするのなら良いと思います。
僕がここで気をつけたほうが良いといっているのは、「ありがとうを100万回言うと、いいことが起こる」というのは科学的にありえないですよという事実です。
科学的に分析すれば、ありがとう(マントラは「修行するぞ」でも「コーク」でもいいのですが)を言い続けることによって良いことがあると「洗脳」されて、「ありがとう」を繰り返している間あなたは「思考停止」を仕掛けられているということです。
そして、「ありがとうを言い続ければ必ず良いことがある」という洗脳を仕掛けられていることで、RASシステムという脳内のフィルターが発動して、脳が命令されたものを探し始めて、それ以外の情報は盲点(スコトーマ)に入ってしまうのです。
※RASやスコトーマについてはgoogle先生に聞いてください。
重要なことは、他人のビジネス(ないしは、他人の作った物語)にはまっているだけということです。
自分が作った世界を生きることです。
誰かが作った物語のなかで操り人形や奴隷として言いなりになって動くのは、傍からみて一見苦しそうだったり、本人も苦しいと思っていたとしても実は楽な道なのです。
自分が自分の幸せを決めていいのです。というより、自分以外にはありえないのです。
僕の私見ですが、自分で自分の物語を描くことが幸せです。もちろん自己責任で。
宿命や運命などありません。未来は決まっていません。神とは妄想です。
運命の人など存在しません。あなたがそう決めればいいのです。
人類は、20世紀に「神」とは人間が作り上げた妄想であることを証明済みです。
それから、こういうことを書くとコメントで反論をしてくる人がいるのですが、、、(笑)僕は誰とも議論する気はありませんのでご容赦ください。
あなたが自分のことを正しいと思っている事実は、十分理解いたします。
ただし、あれ?っと思われた方は参考図書をご紹介しますのでご覧になってください。
また、脱線しましたので、続きは次回です。
まさ
↓ゲーデルの不完全性定理をメタ数学で証明。
数学の限界/グレゴリー チャイティン

¥3,150
Amazon.co.jp
↓神は妄想?
神は妄想である―宗教との決別/リチャード・ドーキンス

¥2,940
Amazon.co.jp
↓神は脳が作った。
なぜ、脳は神を創ったのか? (フォレスト2545新書)/苫米地英人

¥945
Amazon.co.jp
↓不確定性原理はこちらが分かりやすい入門書。
哲学的な何か、あと科学とか/飲茶

¥1,575
Amazon.co.jp
↓ついでに、数学のほうもとても面白い読み物です。
哲学的な何か、あと数学とか/飲茶

¥1,575
Amazon.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ