「達人の身体」のテストにスキーに行ってきます。

この記事は1分で読めます

生まれも育ちも北海道の僕は、スキーは2級です。
小学校の4年生から6年生までは長い長い1ヶ月の冬休みは毎日スキー場に通いました。
選手までは行きませんが、自分で自慢するしかないので自慢しておきますが、片足でウェーデルンとかしてましたから、あの小刻みに足をそろえてやるやつです。
明日は、久しぶりに運動をします。(笑)
この1年8ヶ月は運動をせずに見事にIQだけで20キロのダイエットしましたので、歩く以外の運動はしていませんが、、、心配要りません。
名著「究極の身体」の高岡先生バリに十字靭帯が切れてもセンターにのって思いっきり攻めまくって来ます。
もっとも、5年生の娘を一緒なので、初心者用のゲレンデで多分リフト3回くらいしか乗れないと思いますが、、、。
多分20年ぐらい振りのスキーです。しかし、それくらいが丁度いいかなと思います。今日は「究極の身体」を真剣に頭に叩き込みます。
何度読んでも新しい発見があります。そして、何かをしようとすると必ずそこには外すべきスコトーマというか、常識という洗脳のカラクリを探って挑戦できるので楽しいです。
無意識を意識に上げていくことで、グレインサイズを上げていきます。
それはまた、皆さんへの気功のセッションや遠隔クラス、そして気功技術の開発に還元されていきます。
お楽しみにしてくださいね。
まさ
究極の身体 (講談社プラスアルファ文庫)/高岡 英夫

¥880
Amazon.co.jp
図解トレーニング 身体意識を鍛える/高岡 英夫

¥1,260
Amazon.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ