ハリポタの卒業試験感想。おなかから首までにかけて、はっきり感じました。

  • コメントは受け付けていません。

この記事は1分で読めます

まさワークスの2日間の加速学習、気功師養成講座は日本で唯一の2日間の最後の卒業試験が全国のモニターさんへの一斉遠隔気功です。
フィードバックありがとうございます。
今回のハリー(参加者)も優秀です。
え?教え方?ありがとうございます。但し、ここが科学をベースとした気功のよいところです。
気功技術を習ってマスターするのは、簡単です。
簡単と、ここでは一言で言わせて下さい。
前半の20分は、今回の参加者による遠隔気功です。
軽々とやっていましたよ。
(引用開始)
モニターに参加できて嬉しゅうございます。
短く感想をお送りしましたが、もう少し詳しくお伝えしようと思います。
前半の20分ぐらい:
最初お腹の上の方のみぞおちが押される感じがありました。
5分ぐらいすると手がジーンとしてきまいた。
15分ぐらいすると、全身の肌のあちこちで、細かくチリチリと引っかくような感じが広がりました。
後半の10分ぐらい+延長:
枕の上の首がカクンと床の方向に落ちる感じがしました。
途中、おなかがグーと鳴ったりしました。
自分の脈をトクントクンと、おなかから首までにかけて、はっきり感じました。最も感じたのはみぞおち部分です。
終わった後、痛みや普段と違う感覚、あるいは体の中に新しく生まれた機能があるか探してみましたが、今のところは気がついたことはありません。
お昼ごはんにしましたが、調子よく、おいしくいただきました。
今回が2回目なのですが、前回と比べて手や足の温まりははっきりしません。緊張していた意識は自分ではないのですが。
生徒のみなさん、まささん、今回もありがとうございました。
(引用終了)

  • 2011 12.30
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事