つい先日風邪を引きました。悪寒がし、のどが痛く、節々が痛くなって、、、オンライン気功講座「免疫力アップ講座」の感想です。

  • つい先日風邪を引きました。悪寒がし、のどが痛く、節々が痛くなって、、、オンライン気功講座「免疫力アップ講座」の感想です。 はコメントを受け付けていません。

この記事は5分で読めます

僕は、クライアントさんに「患者責任」なるものを「押し付け」ます。

「押しつけ」とは、そう感じる方がいるということです。

これは詐欺?って感じる人も多いでしょう。

「じゃあ、あなた(まささん)の責任は?」

僕にはもちろん責任があります。契約を履行する事です。

病院もそうだと思いますが、全ての患者が治るという保証などしていません。
例え、風邪であっても、これから行うひとつひとつのケースに対しては、100%の保証などありえません。

中には返金保証をしている民間療法のヒーラーもいるかもしれませんが。
まあ、一般的なお話しとしてです。

風邪を引いても、病院では薬を渡したり、点滴をしたり、時には診察のみで終わります。

もちろん、病院へ行っても、風邪すら治らないときもあります。

薬が効かなくても、病院は悪びれることも謝ることもなく、代金を請求します。
いや、謝る医師は中にはいるかもしれませんが、、、。

まさワークスは、病気が治るとか怪我が治るとは言いません。

もちろん、法律がらみで治療、医療行為をすることは出来ませんし、していません。

では、まさワークスはなにをしているのか?

方法としては、ブログで盛大に「情報」を渡しています。いつもいいますが、これは氷山の一角のトリガーに過ぎません。

しかし、実際に記事を読む事で「気功を使えるようになった」とおっしゃる方はいます。

遠隔でも気功をしたり、気功技術を伝授した方の総数は2年で1,000いや、2,000人以上です。(多分)

遠隔気功を使ったり、メールを使ったりします。スカイプや電話は使用していません。

遠隔気功とは何か?と聞かれたら、言外の知識や智慧を、おそらくは量子通信的な原理によって、クライアントの脳にパソコンやスマホのように、さしずめアプリをインストール(或いは情報を受発信)しているということになります。

あ、遠隔の説明がないですね。距離は10センチでも10メートルでも関係ないということです。

これが、あくまでも科学的な態度から語った、ヒーリングに対する仮説ですね。

まさワークスでは「情報が物理を書き換える」と気功を定義します。

重力もしかりですが(人類はまだ重力を解明出来ていません。でも物は落ちるし、恋にも落ちます。これは冗談。)、いわゆる気功と言われるヒーリング、セッション等によって、遠隔地にいるヒーラーからクライアントへ情報伝達を試みた時、心身の状態に変化や改善が見られるという現象は起こります。

まさワークスでは、特に遠隔気功の事を、(遠隔)気功ライブと読んでいます。

オンライン気功教室「ハリーの特別列車」は、週1-2回以上のメールと動画(youtubeの限定公開版で一般の方は見られません。)によって、認知科学にもとづく、気功を学べますし、実際に気功が使えるようになります。

さて、今回の「免疫アップ講座」でお渡しをしたのは、「ミトコンドリア」「白血球」そして「代謝up」という気功技術です。

(最近、僕は気功アプリとも言いますね。新しい言葉は、臨場感を刷新します。いちいち説明がいるので厄介ですが。その内、落ち着きます。)

では、感想を共有しましょう。(感想のことは、フィードバックと呼ぶ事があります。)

(引用開始)

こんにちは、◯◯です。

つい先日風邪を引きました。

そのタイミングでの免疫up講座、助かります(^^)

悪寒がし、のどが痛く、節々が痛くなっていたので

いつものパターンだったら熱が出てもおかしくなかったのが、

発火したとたんあれほど寒かったのが中からポカポカしてくるのがわかりました。

身体の中で細胞が静かに「ぅぉぉおおお~!!」と叫ぶような感覚がありました。

習い事に出掛ける前は少々ふらついていたものの、気付くとすっかり元気いっぱいでした☆

症状がでて「やばいカモ…」ではなく、たんたんと発火するだけですね。

病は気から…。

本当に自分で病気にしようとしてたんだなと改めて気づかされました。

(引用終了)

お見事ですね。

ここで、重要なお話です。

セルフヒーリングのコツのひとつは、自分を他者だと思う事です。

タイムラインについて既に、柔軟なパラダイムを持っていれば、過去の自分に対してヒーリングをしてみることです。

現在の自分は過去で出来ています。私たちが知覚している現在とは、少なくとも神経システムを経由して200分の1秒前の自分です。

また、未来の自分という臨場感があれば、彼(彼女)に同調、同化して見るということもOKです。

どんな方法でも、仮説というのか、ある理論モデルをゴールの為に道具として利用しているという感覚は必要です。

理論モデルと言っても、アイデアのレベルでも、ヒーリングとかある目的があるのなら、先ずは効けばよいのです。但し、効かなければヒーリングとしてはゴミです。

似非科学(幸福のなんちゃらとか、クオンタムなんちゃら)やスピ(本物の道教どっぷりの気功師や、巷のミニカルトのようなヨガや武道系の気功教室)の系、システムのなかで妄信している人は僕は相手にしません。というか、面倒くさくて手に負えません。

 

 

それから、悪意のあるとか、人をだます様なヒーラーがいるみたいなので、まささん注意してもらえますか?という様なメールを頂く事もあります。(前は、ヒーラーを名指しで、頂いたこともあります。)

で、そういうメールって決まって短いんですよ。

他に何もなく、それだけ。特徴です。

面と向かって、別に本名とか住所とかそこまで要求はしませんが、まともに僕とコミュニケーションする気がない。何チャンネルだかの住人と同じです。

 

 

 

まあ、「それって命令ですか?」というお話なんですが、、、。

他人に頼んでないで、やりたい事あるなら、自分でやれよ!本人に言えよ!と一瞬イラッとします。

犯罪なら訴えればよいし、それ以外は、須く自己責任」です。

僕はある意味、「消費者」という考え方が嫌いです。「お客様は、神様である」という「横暴な神々」が一番嫌い。

お金が発生するのであれば、商取引であり契約なので、お互いが納得のいくように契約をすればよいだけです。

お互いに「自己責任」です。

お金が発生しない、例えば人間関係であれば、「お前を信じていたのに、裏切られた!」というバカ(失敬、僕のただの感想です。)。

信じたのは、信じた側の勝手です。(例え、「私を信じて!」と頼まれたとしても)「信じる」ということは、裏切られるリスクを自分で引き受けるという意味です。

ホリエモンさんの言葉の引用ですが、僕の自己責任で使いますね。^^

 

 

→いいねボタンを押して下さい。【いいね】何もなりませんが(笑)

 

 

あ、面倒くさいという表現は、僕には、その様な価値観はないということです。

僕は僕の、あなたはあなたのゴールを目指しましょうということです。

(こういう記事を書くと、かなりファンレターが来ます。いや、クレームですか。スルーですけど。)

スピのお話、朝TV局が全国放送で、こぞって全国のおバカさん相手に流している星座占いを、ついつい見てしまうというカワイイおバカさんまで、辛辣にバカバカいう気はありませんが、まあ、スピヒーラーとして開業して、バカがもっとバカを増やしているレベルの人達の中でも、スピに妄信レベルのバカ方っているじゃないですか。

「先生!」って取り巻きがいるレベルのバカですよ。

そういう方々の目は深く窪んで、でも妙に表面的な微笑みをたたえています。大抵、除霊も悪魔払いもタロットもオーラソーマもレイキもと何でも屋です。
(まさワークス等もその気になれば、何でもできますが、、、見分けが付きませんね。アロマとかは、アレンジして興味があります。笑)

まあ、勝手に自己責任でやればよいと思います。そもそも、お客さんとして騙される方も勉強しろよ!です。

いや、勉強などしなくても、しっかりしろよ!で十分かと思います。

まさワークスも、さまざまなスピ系の用語を便利なので借りてはいます。それに、スピ系であっても、ちゃんと最低限のカラクリを教えて上げられる方ならなんの問題もありません。(僕的にはですよ。)

少なくとも系よりも上の抽象度が無ければ(ほとんどがこの類いです。例えば、タロットカードを破ると良くない事が起こると信じています。僕らが1万円札を破れない様に。)、ただ溺れたあげくその状態が気持ち良くなっているだけです。

これも、無意識の世界のお話です。しかし、僕はスピ系の方でも、ご自分で「あれ?これ何か違う気がするんだけど?と気がついた方であれば、自己脱洗脳の方法も教えますし、セッションでお手伝いはいたします。

あ、そうそうセルフヒーリングですね。また脱線しました。もう一人の自分を見立てるというところでしたね。今度は、時間軸は無視してお話します。

ヒーラー側でも、ヒーリー(クライアント)側でも構いません。

自分、自分のコピー、自分の分身、自分のアバター情報的には全部同じですが、もうひとりの自分に気功をかけてもらったり、働きかけてあげたりするのです。

リカちゃん人形でも、バービーちゃんでもテディベアでも、何かを自分に見立てても構いません。

骨格モデルをお持ちのかたも多いと思いますので(多いのか?^^;)、それでやってもいいと思います。

病は、自己表現です。

構って欲しくて、自分で自分の心身を壊します。

(普段の日常生活で、このような言い方を、直接病人にすると怒り出しますので、気をつけてください。)

無論、無意識の世界のお話です。、、、好き好んで自分が病気になりたいと思っている方は、ごくごく少数だと思います。

でも、そこが分かると実はセルフヒーリングも上達します。(ふう、つながったので終わりにします。)

まさ^^/

読者登録すると、このブログの更新通知メール届きます。


 


PS

僕が自分自身に説明するときは、『人間は生まれてくると、「死ぬ迄、暇」なので、何かしらしているだけ。』という表現を使います。

(かなり前は、他人にも平気で言ってたのですが、、、こちらも、かなりの方がずずずずずーっと音を立てて引いていきます。)

この表現は、もちろん日常会話ではオススメしません。

  • 2013 11.15
  • つい先日風邪を引きました。悪寒がし、のどが痛く、節々が痛くなって、、、オンライン気功講座「免疫力アップ講座」の感想です。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ