スコトーマが外れるということなのでしょうか?

  • スコトーマが外れるということなのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

無償のファイヤーボール伝授は、やめるやめるといいながらもう半年程経過しているかもしれません。但し3日間のレンタル伝授です。
どちらにせよ、まさワークスのフェーズ(ステージ)も次の段階に入っていきます。(現在のシステムは細々と最終ラウンドに入っていきます。)
それはさておき、ファイヤーボールの感想をいただきました。
いわゆる感想のことを、フィードバックと読んでいます。
フィードバックとただの感想との違いは変化をしっかりと意識にあげて書き留めて、いわゆるビフォーアフターをよく見ることです。
こうすることで、本人のリアリティーが揺らぐのです。揺らがせるとは、まあ改善するために意図して動かすということです。
2,438人が体験!まさワークス気功遠隔ライブでアンチエイジング!-m
(写真はご存知映画「マトリックス」より)
「R(=リアリティー)揺らぎ」と読んでいますが、変わったことを意識に上げる、正確には無意識を意識に上げることで、つまり「お、変わったね」と気がつく事で本人のリアリティーを揺らがせることができます。
「R揺らぎ」こそがまさワークスでいうところの気功と言えます。
気功やヒーリングの練習中も、本番中も、その後の結果についても、ヒーラー、ヒーリー(クライアント)双方が常にフィードバックをとりながら意識に上げてRゆらぎをしてください。
24時間気功を続ける方法のひとつのヒントです。
(引用開始)
まささん、こんにちは。
気の玉お試し伝授をして頂きました●●の●●です。
2度目のフィードバックをさせて頂きます。
先日の1回目のフィードバックをブログにアップして頂きましてありがとうございました。
自分では鈍感な方だと思っていますので、「気感があるのでは」とのコメントには驚きました・・・。
SEE過去記事:「風が通り抜けるようにスースーします。」
これがスコトーマが外れるということなのでしょうか?
ご指摘の通り前回は準備不足でした。
基本中の基本の「脱力・手を温める」ともに適当でした・・・。
今朝(3日目の朝)まず手ゆるをやってから気の玉を出しましたが、まだ弱いと感じました。
そこでお湯を入れたコップの側面に手のひらを当てて十分温めてからやりました。
そしたら、今まで一次元的(両手を離す方向)にしか感じられなかったのが、初めて3次元でボールとして認識できました。
ちょうど胸の前で50-60cmのボールを抱えていて、左肘の内側と鼻先辺りが少し温かく感じました(右手はほとんど感じませんでしたが)。
これで腕に気を流す感じがなんとなく掴めた様に思いますので、さらに練習しようと思います。
他の皆さんのフィードバック記事を読んでいるところですが、仰る通り刺激になりますね。
土曜日のミレニアムライブをぜひ受講させて頂きたく思いますので、よろしくお願いします。
それでは失礼します。
(引用終了)

はい、ありがとうございます。
私たちはスコトーマという表現を少々誤解して使っています。スコトーマという語感は、視野の中にある小さな物理的盲点というオリジナルのイメージをそのまま採用してしまっています。
しかし、実は僕らが例えば視覚的に見えているものを意識として処理しているのはわずかに8bitという単位の情報でしかありません。
ということは、つまりその8bit以外の情報に関しては全てが無意識で処理をしているのです。つまり、私たちはスコトーマという広い範囲のなかで、どこか小さな1点のみが見えているような状態にあるということになります。(実は、思い込んでいた小さな点というスコトーマとは、写真のネガポジ逆転のようなものですね。)
宇宙をプログラムする宇宙―いかにして「計算する宇宙」は複雑な世界を創ったか?/早川書房

¥2,310
Amazon.co.jp
また、その1点のみしか見えない一筋の光だけに、さらに視野狭窄よろしくスコトーマが深まっているといえるのかもしれません。
素晴らしいと思います。
2,438人が体験!まさワークス気功遠隔ライブでアンチエイジング!-いん(写真は映画インセプションより)
Rゆらぎをすることで、エフィカシーもどんどん上がっていきます。
24時間ゆらがせてこの「現実という幻想」から覚醒して下さい。
マトリックスでも、インセプションでも、アバターでも(ん?そうか?^^)現実こそが幻想なのです。
幻想と覚醒/三才ブックス

¥1,365
Amazon.co.jp
まさ^^/

  • 2013 02.21
  • スコトーマが外れるということなのでしょうか? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ