温風感よりも火に近づいているようです。(伝受前)臨場感は全くありませんでした。

  • 温風感よりも火に近づいているようです。(伝受前)臨場感は全くありませんでした。 はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

こんにちはまさワークスの高田大(まさひろ)です。
気功技術とは何でしょう?
昨日も英会話のコミュニティーに参加した折りに聞かれました。
アンカーとトリガーです。認知エラーです。内部表現書き換えです。それぞれを解説付きで説明しますが、大抵理解出来ません。無理もありません。
それでも、僕は構いません。英語の練習ですし、、、。日本語で話したとしても、あなたの言う事はよくわからないわ。分かる様にお話しして下さいと言われても、パラダイムが違えば言葉は通じません。
そこで、相手に合わせて少し抽象度を下げて行きます。LUBの超立体的なエリアの相手側へ向かって降りていくイメージです。(これは僕のイメージです。)
脱力、リラックス、血液の循環が良くなる、だから健康になりますよねー。これが一番理解しやすいと思います。
(引用開始)
本日はファイアーボール三日目です。
三日、ますます感覚が強くなってきました。
ガスレンジの直火に、手を近づけて火を感じてからファイアーボールを出してみると、昨日の温風感よりも火に近づいているようです。
今日は、「気功」洗脳術に書いてある站椿功をやってみると、確かにグルグル気が回ります。
実は、ファイアーボールを伝授してもらう前に試していたんですが、臨場感は全くありませんでした。
今日は、丸い玉がグルグル回ります。
明日にこの感覚が、なくなるって信じられませんが今日1日遊び倒します。
(引用終了)
直火に手のひらを、、、手のひらを太陽に!じゃないですが、素晴らしいと思います。
実は、リアルタイムで行われている知覚も、過去の記憶を思い出すプロセスと全く同じ経路を取ります。30年前を思い出す時と同じ経路です。一旦視覚野など5感に分けて格納されてから、呼び出されて海馬に集まって統合されて知覚し、認知しているのです。
しかも、わずかですが知覚するまでにも、コンマ以下200分の1秒ですが確かにタイムラグはありますので、リアルな現在という感覚も実は厳密に言えば過去、思い出の世界なのです。
僕らは、現在に生きていないのです。いや、生きているのですが、それは200分の1秒前の過去なのです。
超リアルな思い出でしょう?(笑)
フルーツボールの遠隔クラスでは、フルーツ売り場に行きなさいと指導します。そして、フルーツは脇に置きながら、いや触って持って、重さを感じて、匂いを嗅いで食べて味わいながらやってくださいとお話をします。
詐欺師的でしょう?(笑)
しかし、何もないよりも臨場感を作る為には、目の前にあって臨場感をコピーするのです。簡単でしょう?
字を習うのに、先生の字を上からなぞるようなものです。お習字の先生が、生徒の手を上からもって一緒に書かせるイメージです。
深い変性意識で、リラックスしながら集中して行います。超並列脳です。まさに、マルチチャンネルのミキサーで(さまざまな感覚を意識にあげながら、無意識で感じながら)レコーディングをします。
さて、3日間のレンタル伝受ということですが、ファイヤーボールは消えているのでしょうか?
気になりますね。
僕は、全技術を抜かれたことがあるのですが、、、(T T)という状態に陥りました。この状態をしばらくでも経験された方は強くなると思います。
ちなみに、完全に脱線しますがまさワークスではお互いが合意した重要な内容を違えるとなんと気功技術が使えなくなることがあります。(笑)
特に無連絡等々の場合は、プツっと回線が切れます。もともと、そのように設定されているからです。前提条件を満たさなければ、気功技術は発火できません。
例えば、支払い等の場合は普通は期日までに事情説明があって、お互いに知恵を出し合います。お互いに善処します。
別なお話しですが、ビジネスでよくある話しで「約束期日に支払えませんでした。」という、期日後の「事後報告」は相手をバカにしている証拠です。高を括っているのです。(無意識がね)
まあ、どういう訳か大抵はお決まりの様に、本人からは事前の連絡はありません。本人は「そんなつもりではありませんでした。実は、、、」云々と言い訳をします。まあまあ、まことしやかなで立派なこと、、、。
言い訳が板についたら立派な詐欺師です。詐欺師に必要なものは。皮肉なことに「信用」です。一流の詐欺師は確信犯です。
単純なからくりは、小さな約束を積み重ねて、時間をかけて仕込みをします。
小さなお金を借りては、約束の期日に返すというようなことも何度もやります。「こいつに貸したら必ず返してくれるし、利子までつく事がある。しっかりした人だ。」というイメージが無意識の中にしっかりとでき上がるのです。
詐欺師のアルゴリズムです。護身術に使えます。
あらゆる仕事や人間関係に応用は出来ると思います。ちなみに、詐欺は短期的にしか成功しません。
しかし、長期的かつ本当の人間関係を築くためには、やはり打算を抜いた付き合いがbetterだと思います。(少なくとも僕は思いたいですね。)
ちなみに、あくまでも僕の定義ですが、超一流の詐欺師というのは、本人が自分が詐欺師だと気がついていません。完全●●です。「本当に、そんなつもりはなかったのですが、たまたま、、、。」と言い訳します。(笑)
まあ、気功師はスクリーニングをしますので、縁起もある程度観えるのですが、、、。蛇足です。
詐欺師を志望していないあなたにも、信用は大切です。
それから、実際のビジネスで一番重要な部分は、お客様を選択することです。取捨選択です。
コストはここにかけるべきです。嫌な感じがあったら、縁起を結ばない事、切ることです。
また脱線しましたね。
またフィードバック下さいね。
^^/

  • 2013 02.01
  • 温風感よりも火に近づいているようです。(伝受前)臨場感は全くありませんでした。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ