遠隔を受けながら、自分で遠隔気功セッションを行う事は可能でしょうか?マイワールド2012

  • コメントは受け付けていません。

この記事は2分で読めます

すでにご活躍されているヒーラーさんからのフィードバックです。
気功に対する姿勢や準備などが参考になると思います。
丁寧すぎるくらい丁寧に行うことは必要です。それぞれある種のセレモニー(儀式)を感じさせるような準備の作業は、トップアスリートにも共通して言えます。
僕の場合は、ある時は丁寧に行い、ある時はわざとにそのセレモニーを外します。つまり、トリガーをつくったあとは、そのトリガーから自由になるのです。
しかし、凄いですね。僕の遠隔を受けつつ、クライアントさんに遠隔を行うという、、、。素晴らしい決断です。
実力です。
(引用開始)
まささま。
一斉遠隔気功のフィードバックをいたします。
全く同じ時間に私も遠隔(リラクゼーションとアンチエイジングの遠隔)を行う事にしていましたので、どうしよう?と思いましたが、ひょっとしたら私が遠隔する人達にとってはうれしい結果になるかもしれない?と思って参加を決意。
開始してから、気感が、自分のものか、まささんのものかわかりずらかったです。f^_^;)
最初は脚がジンジンしてるな~と思ってましたが、後は意識が夢の中にいるみたいになって自分がやっていた事以外はあまり覚えていません。。
近頃は、遠隔行う際に、お風呂に入ってカラダを暖め、軽くカラダを動かして緩めて、逆腹式呼吸で呼吸に意識を向けながら変性意識に入って行きます
その方が相手の変性意識も深くなるようなので。。
で、その時も、その手順を踏んでまささんの遠隔も受けてました。
多分。変性意識深かったんじゃないかな~。覚えてない。。(笑)
正確には、、覚えてるけど記憶がボンヤリしています。
翌日は凄かったですよ!しかも同じ効果が私のクライアントさん達にも出ていましたから!
目が大きくなって、奥二重が二重まぶたっぽくなってる。
目尻が上がって、頬がリフトアップしてる。
カラダがシュンとほっそりしている。
脚が細い!
脚の筋肉の柔軟性が上がっている。
肌にハリが出ている。
ひとみが綺麗。
クライアントさんからは、、。
腰痛がなくなった。
肌がプルプル。
首や、肩が柔らかい。
顔が引き締まった。
腰が緩んだ。
と、フィードバックを頂きました。
この変性意識、覚えておこうと思います。
ありがとうございました!
(引用終了)

最後のこの変性意識、覚えておこうと思います。というところがヒーラーさんっぽいですね。
マイワールド2012という名前をつけています。もちろん、違う名前でも結構ですが、、、トリガーで発火できると思います。(実力次第ですね。彼女はトップクラスの合格点でまさワークス養成講座を卒業しています。フィードバックが必要です。)
トリガーがマントラ(口頭で唱える)の場合は特に、「言えばいいのですよね」と聞かれるのですが、もちろん「言えばいい」のですが、、、発火出来ない又は気感として感じられないだけの場合もあります。
まず、一つはアンカリングされていないと気功技術は発火しません。つまり、伝受を受けていないとかそういう場合です。
それから、意図や準備がきちんとされていないと「言っただけ」では発火しない場合ももちろんあるということはあります。(伝わっているといいのですが、、、)
例えば、愛を伝えたいときに「愛している」とただ言えばいいという訳ではありませんよね。
「じゃあ、愛してるって言ってみてよ!」なんて彼女いわれている状況で(どんな状況なんだこのカップル?)、「あ、愛してます。」なんて言っても既にまた言い直しを”命じ”られるでしょう。(いや、僕の経験ではないですよ。)
そういうことです。
マントラや台詞をただ発音するだけでは、機能しないことがあるのです。
言い換えると、音声などそれだけでは、高い抽象度世界を映し出した写像に過ぎないということです。
しかし、一方で伝受を受けていなくても、発火する場合は十分に考えられます。
それは実力ですね。
僕もかつて自分の師匠のブログ記事の「ピンチアウト」という技術を見て、その講座には出席できなかったので悔しくて悔しくて(笑、我ながらかわいいですね)自分で夜通しピンチアウトの練習をしました。
あの時は、ipadを知り合いから借りて来て練習と本番(気功技術化)を繰り返しました。
そして、見事に(?)翌朝はピンチアウトをやりすぎで肋骨まわりの筋肉痛が酷かったのを覚えています。
結界など様々なファイヤーウォール技術のような防御の技もありますが、基本的には超情報場にアクセスすることも可能ということです。
まさ^^/

  • 2012 12.27
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事