かなり期待したのですが駄目でした。

まずは、駄目でしたという言葉は使わない方がよいと思います。
自分自身に対するのろいになります。
気功など道具です。出来る様になるだけです。死にものぐるい(の勢いで)want toでむさぼる様に勉強して、実習をして、実践をしながら一気に!!習得しようという勢いで圧倒的な力を得るためには、多分10年はかかります。スタート台ですよね。それでも、やる人はやって下さい。
これば、僕が『ゴールのある人』と一言でいつもいうことです。
それから、寝ても良い体制というのはお風呂は入っていません。自己責任でお願い致します。
車の運転もそうですし、命に関わります。
僕の同期のヒーラーは、電車の前で座ってる人を眠らせようと練習をしていたら、隣のつり革につかまっていた人が突然ドサっ!と崩れ落ちるように倒れたそうです。これが本当の寝落ちです。
きちんと結界をはってフィードバックなども確認しなければ、、、。遠隔気功は本当に危険な技術なのが分かりますよね?
湯船につかりながらは本当に危険です。(立場として皆さんに警告をしておきます。)
自己責任でお願いします。
(引用開始)
今回は皆さんのフィードバックが‘気の視覚’について強烈なものが多かったので、かなり期待したのですが駄目でした。
最初の15分もりんごを持って嗅いで臨場感を高め始めたのですが、発火すら納得出来るものではなく、ならお風呂でと薄暗い中で…何故かいつものようにならず、でも何分か浴槽内で爆睡してしまいビックリしました。
諦めてベッドで。
残り15分位から思わず声を上げるほどの痛みが右ふくらはぎに走り、手足先がジンジンと…。
やっと‘来た~!’と。で、心臓の鼓動が走った後のように速くなり右後頭部に鈍痛
寝ながらフルーツボールに挑戦していたのですが、左手手首が痛くて手を上げていられなくて、それと何故か最初から顔のあちこちが痒くなったり、頭がかゆくなったりで(普段でも顔がかゆくなることは無いのに)そんな事もあって集中出来なかったので諦めました。
気の視覚化について今朝のブログに『ぼんやり観えた気がした。が気の視覚化の感覚です。はっきり見えたら幻覚です。本物と見分けがつかなくなってしまったら、魔境か病気です』。思わず笑っちゃいました。
その通りですね。まだまだ練習不足です。
ぼんやり観えるよう日々頑張ります。
ちなみにしばらく続いていた腰痛が今朝から凄く楽になっています。ありがとうございました。
(引用終了)
先ほどのコメントの繰り返しから行きます。
駄目でしたという言葉は使わない方がよいと思います。
自分自身に対するのろいになります。
それでも、『じゃあなんて言うの?駄目なものは駄目じゃない!』という人はそれ以上進まないのです。
『こうなりたい!絶対なりたい!何が何でもなるぞ!』という人は、その念や祈りが抽象度が低すぎて実は無意識に対しては、『到底なれない。なれっこない。駄目。』というメッセージを送っていることになります。
「物事ははっきり、明確に、計画をたてて、現実的に、目標を決めたら外さない!」という抽象度の低いアルゴリズムは優秀と言われるビジネスマンに多いと思いがちですが、、、。
ゴールの臨場感を感じるということは、『そうなって当たり前だ。』つまり、『なっていないことが、おかしい!』という強烈な認知不協和を起こすようなエフィカシーがもとになります。
抽象度をあげることです。
落ち着いて、自分の役割をこなすことです。
見えているものを意識にあげるだけなのです。
気とは情報です。
インストールはされたばかりなのです。これから365日24hに亘って視覚化をしていくのです。
最後の『まだまだ練習不足です。
ぼんやり観えるよう日々頑張ります。』が僕は好きです。
喜んで!ともにがんばりましょう!
まさ^^/

Follow me!