空腹に負ける…

  • 空腹に負ける… はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

(引用開始)
おはようございます
エアディナーですね
試してみたけど
確かに40回を何度もできなかったです
空腹に負ける…
(引用終了)
わかります。
僕たちのDNAレベルで書き込まれているのは、飢餓への恐怖です。チベットのお坊さんまで太っている人がいるのですから、食の煩悩に打ち勝つのは容易ではありません。
知識が必要です。安心させることです。食べなくても大丈夫どころか、とてもいいと再認識をすることです。
エアディナーは、確かに40回も出来るかどうかは問題ですね。しかも、40回以下だと、食欲をそそったのかいつもよりも食べる量が増えたという報告があります。
しかし、これも本当に理解した人が行えば回数であって回数などではなくなります。
カラクリを考えることです。そして、自分であの手この手で応用することです。
僕たちは、色々と試してみることだと思います。
しかし、あなたのゴールがどこまでwant toなのか、それだけなのです。
・コンフォートゾーンをずらすこと。
・ゴールの世界によりつよい臨場感を感じること。
・ドーパミンなどが出るように、ゴールの世界にプライミングを効かせること。
・アウェイをホームにすること。
・スコトーマを外して自由になること。
・抽象度を上げて低い煩悩から大欲にキリかわる。
全部同じことです。
あなたを変えることも、世界を変えることも同じことなのです。
その意味を理解したうえで、自分できちんと解釈をした上でのエアディナーです。
臨場感のないエアディナーなど意味もないのも分かりますよね。
また、もっと応用すれば、空腹感をわざと出すのです。目的は?そう、モチリンやグレリンや倹約遺伝子のスイッチをオンにするのです。
身体の自律神経を上から見下ろしてみるイメージです。大丈夫です。問題は、知識があれば不安は減っていくのです。
まずは、食べないことの恐怖が徐々に薄れていきます。これを読んでいるだけでも大分違いますし、レファレンスを読めば納得します。
なんだー!!って、ココロから安心します。
まさ

  • 2012 05.31
  • 空腹に負ける… はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

ツールバーへスキップ